スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碧血剣/程青竹

 久しぶりの武侠ネタ。
 金蛇郎君のお宝をゲットして南京を後にした袁承志一行の前に、さっそくそのお宝を狙って現れた盗賊達。その中の一人に青竹幇の幇主であるこの御方もまじっていた。
 実は人の縄張りにやってきて、獲物を奪おうという目論見だったのだから、結構ずうずうしいような気もするのだが、その「お宝ぶんどり宣言」を阿九とのなんともほのぼのした爺孫漫才でやってしまうので、なんとなく憎めないものがあった。そして、このとき見せた袁承志の器の大きさと義侠心に惹かれ、彼の仲間として行動を共にすることになる。

 碧血剣には既に穆師父や木桑道長といったスーパー爺たちがいらっしゃるわけだが、彼等がパワーバランスの関係であんまり物語表面に現れない分、この御方が爺成分を一手に引き受けてくれた感がある。人生経験に基づいた確かな見識と思慮深さから、参謀的な立場から一行を導き、さすがに超絶レベルの達人とまではいかないまでも、そこらの雑魚などは寄せ付けもしない強さを持つこの御方の存在感は抜群であった。

 もちろん、それだけでなく優しく義侠心にあふれたお人柄も魅力である。孫娘同然の愛弟子・阿九だけでなく、袁承志や青弟にとっても優しいお爺ちゃんという感じであった。特にいろいろとやらかしていた青弟をそのたび優しくフォローしてあげていたことが印象に残っている。一行に加わったあとは終始出ずっぱりの状態で楽しませてくれたが、その分苦労も多く、二度に渡って毒で命を落としかけて、そのたびはらはらさせてくれたりもした(^^;

 実は彼の兄は袁崇煥の部下であったために、皇帝に処刑され、彼自身も命を落とすところであったことが後に判明する。事情があったとは言え、兄の仇である皇帝の娘を引き取って育ててきたのだからこの人の人徳にも凄い物がある。宮廷に戻ることを決意した阿九に対して、ちゃんと父親を慕う彼女の気持ちも理解した上で、父とは違う道があることも示してあげたりもしていた。

 だが、結局は父親への情を捨てられず、心身共に傷ついた阿九と再会することになってしまう。このときの青竹翁の本当に哀しそうな表情が忘れられない。
 すべての決着がついた後、承志たちと別れて彼女の元に戻っていった青竹翁。成すべきことは全て果たした師と、あらゆるしがらみから自由になった弟子が平穏に暮らせることを願ってやまない。(……のだが、続編でどうなっているのかがちょっと怖かったりする)

スポンサーサイト

Comment

やっと青竹爺きました

>続編でどうなっているのかがちょっと怖かったりする
原作だと阿九と承志の関係というのは
多分に阿九側の一方的な思い込み(の割合が大きい)という印象が強いですし、
また青竹爺と阿九の関係性も稀薄で、
最後には青竹爺は承志について一緒に中原を離れて行ってしまってますよね。
なので、基本的にはそれを下敷きとしている続編と、このドラマ版碧血剣というのは、
やはり完全に別物として考えるのが良さそうな気がします。
いざ続編の段になったら、頭の切り替えが難しそうですが(^^;

2008.06.29 (Sun) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

碧血剣の魅力・面白さ

こんにちは、
>続編でどうなっているのかがちょっと怖かったり
 碧血剣は金庸のまあ習作時代の物語で、「中途半端さ」「掘り下げの甘さ」みたいのが感じられますが、それが逆に読者(後世のドラマ作家含み(笑))にとっては「あらぬ想像(笑)」「こうなったら良いな」「こうなれば面白い」「こうなったらどうしよう」みたいな「ツッコミ」「イジリ」度が大きいですね。 明末清初という「何でもアリ」の時代が背景だからかもしれません。 この辺が碧血剣の魅力・面白さかなと思っております。
 それと、人生の先達への尊敬・そして世代間を越えて繋がっていく・伝わっていく「大切なもの」「よいもの」というのも「射チョウ三部作」までの大きなテーマでした。 程青竹は一つの典型ですね。
 一方、完成期の後期三作、天龍は「その世界が大きすぎ」ておなか一杯、笑傲は「物語が完成」していてエンディング以外はいじりようもない、鹿鼎記はもう「別世界」みたいで、いずれも良い意味で作品の世界に「どっぷり浸るだけ」になってしまいます。 書き込まれたテーマもかなり違ってきてますね。
 最後に・・・青弟の性格は「好き」です(爆)

2008.06.29 (Sun) | Mario #- | URL | Edit

お待たせしました

Manboさん
時間かかっちゃいましたけど、NECOでの放映もあったので(^^:
>ドラマ版碧血剣というのは、やはり完全に別物として考えるのが良さそう
そうですね、各キャラクターから受けるイメージもかなり変わっていますし。それでも、同じ名前のキャラが出ているとなると、気にはなるのですが(^^;

2008.06.29 (Sun) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

コメントありがとうございます

Marioさん
お名前はあちこちで拝見していますが、直接言葉を交わすのは初めてですね。
確かに、原作の方は習作という感じが大きく、キャラクターといい、物語といい、後の作品のプロトタイプ的なところが多いとは思いました。その分、ちょっと食い足りない感もあったんですよね。
ドラマ版はうまいことをそこを膨らませていると思います。

後期作品は、笑傲江湖しか読んでませんが、私はテーマの違いまでは読み切れていないような(^^; また改めて読んでみます。

>最後に・・・青弟の性格は「好き」です(爆)
わ、わたしも嫌いじゃないですよ(^^;

2008.06.29 (Sun) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。