スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイリアン展

 昨日は友達と一緒にお台場の未来科学館に「エイリアン展」を見に行っていた。

 科学未来館は初めて行ったのだけど、都内とは思えないスペースの使い方にまずびっくりした、無駄に広い(笑) いや、いいんだけどね。なんか貧乏性になっていた自分に嫌気が差したと言うか(^^;

 さて、肝心の展示の方なんだけど、せっかく撮影OKだってのに、写真撮ってくるの忘れた……orz
 いやだって、こういうのって大抵写真だめじゃないですか? まあ、写真があったとしてもブログにアップしていいのかどうかというのは別の話ではあるのだけれど、うーん、失敗したなぁ。

 リンク先を見てもらえば分かるように、展示は全部で四つのゾーンに分かれていて、それぞれ、”空想としてのエイリアン”、”科学としてのエイリアン”、”エイリアンの世界”、”エイリアンとの交信”と名づけられていた。
 このうち最初のゾーンはちょっと期待外れと言うか、割と流れが読めちゃってつまらない感じ。全体から見ればそれほど多くのスペースを割けるわけじゃないから、一般向けの説明になっちゃうのはしかたないか。あんまりマニア向けにしても引くだろうし(^^;

 二番目のゾーンと三番目のゾーンは結構面白かった。「科学としてのエイリアン」では生命の多様性と、その生息環境というのが、人間が考えているより遥かに幅広いということが展示されている。ところどころ展示のキャプションが妙なノリになっているのが、なんか変であったが(^^;

 三番目のゾーンが一番面白かったかな。CGを使って架空の星の生態系を表示してくれている。「風の谷のナウシカ」とか「地球の長い午後」とかが好きな人だと気に入るかもしれない。ただこちらは地球由来ではないから、体の基本構造に仕掛けがしてあったりと、芸が細かい。

 四番目のゾーンは、あんまり目新しいところは無かったような。SETIとか地球外へのメッセージの送信とか、以前からやってることはそれほど進歩してないような。もっともこれって、すぐ答が出るような話ではないというのは分かるんだよね。人間の感覚であれば百年って長いけれど、宇宙規模で見ればほんの一瞬にすぎないから、三十年とかそこらじゃまだまだなんだろうな。

 もうすこしディープなのが見たかった気もするけれど、それはまた別の機会にということで。またこういうのやらないかなぁ。
スポンサーサイト

Comment

映画のエイリアンじゃないのね

あのリドリー・スコットのエイリアン展かと勘違いしてしまった。
けど、続編はSWと違ってXXXXXからねー。

2008.05.27 (Tue) | atsushi #- | URL | Edit

3以降は

見てないんだよね、映画。
見なくていいって話もあるけど(^^;
未来科学館は、もうちょっとしたら恐竜展が始まるよ。

2008.05.28 (Wed) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。