スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尋秦記/項少龍

続いては主人公。


 愛想尽かされて逃げられた彼女を取り戻すため、というおよそヒーローらしからぬ理由で戦国時代末期の中国にタイムスリップした本編の主人公。
 香港特別警察のエリートだったので、基本スペックは高く、また古代についてすぐに墨子教団の元宗に弟子入りして、墨子剣法の修行をしたので雑魚の一般兵とかに比べればずっと強い。
 けれども、相手がプロの刺客や達人レベルであればかなわないし、一般兵相手でも一度に大勢でかかられたらひとたまりも無い。自分で言っているように、善柔よりも弱いし。そんなわけで一般的な武侠物の主人公とはちょっと毛色が違う。
 だが、次から次へとやってくる無理難題を、機転と度胸と口の巧さで片っ端から解決していく、その姿はヒーローのもの。もちろん、それだけじゃなく、義侠心もあれば面倒見も良い。女の子には優しい(約一名を除く)……いや、この優しさがやっかいでもあるわけだが(笑)

 そう、そのおかげもあって、この人、劇中の女性キャラからモテまくりなのである。気がつけば登場してくる女性キャラがほとんど例外なくこの人に惚れている状態。ところが当の本人は女心がさっぱり分からない上に、現代に残してきた恋人のことが気になって、まるっきりその気になれない。こうして古代中国ギャルゲー状態に突入していくのであった(笑)
 そして、現代の恋人にそっくりだった琴清が登場したあたりでは、彼女が視界に入ってくると、魂抜かれてフヌケ状態に。いつもの機転もどこへやら、すっかり頼りなくなってしまうのであった。

 そんなわけで、完全無欠にはほど遠い人間臭さも多い項大哥であるが、もちろん決めるときにはビシッと決める。たとえ相手が歴史に名を残しているような大人物であっても、対等に渡りあって切り抜けていくのは素直にカッコいい。見ている方が、「これどうするんだよ?」ってあたふたしてしまいそうな場面でも、鮮やかに切り抜けて見せるからね。

 ただ、発信機が電池切れを起して、未来へ帰れないかも、となったときには完全に余裕を失くしてしまい、まわりが全く見えなくなってしまった。特にこのとき、宮中で孤立していた趙盤(嬴政)を突き放してしまったことが、のちのち禍根を残すことになってしまった。(もっとも、のちの始皇帝の性格がこのときに確定的になったのであれば、これもまた歴史に刻まれた必然だったのかもしれないが)

 歴史の必然と言えば、タイムスリップ前に「なるべく歴史に干渉するな」と念を押されていたのにもかかわらず、なんかいろいろと未来のことをだだ洩れにしてたような気がしないでもない(笑) 電池とか変圧器とかジャケットアーマーとか、最終回では爆薬まで出てきたが、いいんだろーか? そのうち兵馬俑からなんか出てきやしないかと心配である、サッカーボールとかね(笑)
スポンサーサイト

Comment

No title

雅夫人のハニートラップ作戦時の項少龍の態度には、世の男性よ手本にせい!v-218と言いたくなるくらい、真性の女性キラーだわ…と思ったものですが、本人は全く無自覚…ってのが始末に悪かったですね~(笑)
確かにこりゃ青に逃げられるわ…と思うような発言もあったりして、楽しいアニキでした。

2008.05.19 (Mon) | ふたば #1M1e7Cgs | URL | Edit

No title

>彼女を取り戻す
ずっと不思議に思ってたんですけど、タイムスリップものの定番として、
これって確かタイムマシンで少し前の時点に戻って、そこからやり直すってことですよね。
でもそこへ戻ったとして、
「その時点で、その時間で阿青と一緒にいるはずの少龍」はどうなるのかという…
まあ、特に考えられていなかったのかも知れませんが(笑)

>自分で言っているように、善柔よりも弱いし
考えてみたら主人公がヒロインよりも弱いっていうのは、
武侠ものとしては、いまさらですがかなり異色ですよね。
「最初は弱かった」ならありますけど、最後まで力関係が変わらなかったし(^^;
逆に、それでもちゃんと主人公ができてしまうところが、項大哥のすごさと言えますが。
(読んだことないんですけど、「鹿鼎記」もこんな感じなんですかね?)

>そのうち兵馬俑からなんか出てきやしないかと心配である
アラビア数字で書かれたゼッケンが戦国時代の兵馬俑から出てきた…
とかなったら洒落にならんですね(笑)
(ひょっとすると第一集冒頭で発掘現場に駆けつけた物々しい軍隊は、
その辺を必死に隠蔽するためだったりして(爆))
ついでにそのまま掘ってたら行方不明の烏家の息子まで出土しt…
すいません、烏應元さんの子供は一人娘だけでしたね(おかしいな、どのドラマと混同したんだろう?)。

2008.05.20 (Tue) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

No title

ふたばさん
>真性の女性キラーだわ…と思ったものですが、本人は全く無自覚
まったく、天然女たらしでしたね(笑)現代にいたときもあの調子だったら、そりゃ青も不安になりますよね(^^;

2008.05.20 (Tue) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

No title

>「その時点で、その時間で阿青と一緒にいるはずの少龍」
バック・トゥ・ザ・フューチャーみたいな感じで、やろうとしてたとか。かちあったりすると楽しそうですが(笑)

>「最初は弱かった」ならありますけど、最後まで力関係が変わらなかったし(^^;
そうですね、奥義を手に入れたくせに、修行をさぼっていたから全然身に付いてないとか(笑)
>「鹿鼎記」
どうなんでしょう? 私も未読です。

>その辺を必死に隠蔽
やっぱり、色々出てきちゃったんですね(笑)そういや、井戸の中にオートマチックを落っことしたまんまだったような……

>すいません、烏應元さんの子供は一人娘だけでしたね
そ、そうですよ、歴史の改変なんかおきてませんよ?

2008.05.20 (Tue) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

No title

ドラマ版は改変多いからな、原作では女喰いまくり
現代は彼女もう居ないし

2010.10.15 (Fri) | 海外 #- | URL | Edit

No title

海外さん
コメントありがとうございます
原作読まれたのですね。私はそちらは全然知らないので(^^;

2010.10.16 (Sat) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。