スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尋秦記 第四十集

 終わった~。面白かった~。実はもっと早くに見終わっていたのだけど、感想を書くのに時間がかかってしまったのであった(^^; やはり終盤になると感想を書くのがもどかしくなってくる。
 

・項少龍
 呂不韋も嫪あいも片づけて、もはや妨げるもののいなくなった嬴政とはついに決別する。一旦はその嬴政に追われるものの、見逃してもらう形で、二人の妻と共に平穏に(?)暮らす日々を手に入れた。
 しかしこう、髭があるとうさんくささが二割増しくらいになるね(笑)息子にダディと呼ばせてたりとか、あいかわらずであるようだが、奥さん達には頭があがんないみたいである。うっかり三人にしなくてよかったね(笑)

・嬴政
 結局、一番黒い奴が勝者になるのか。捕えた呂不韋に、自分の正体を明かして、絶望させたり、嫪あいをおびき出すために、彼の子供を使い、あげくに一家全滅させたりと、今回特に冷酷さが目についた。
 だがしかし、項少龍に対して言った、二人で天下を分かち合いたい、というのも本音ではあるのだろう。あの二人で対峙した場面、少しの間だけ、昔の趙盤に戻っていたのではないかな。あるいは、一人で背負うには重すぎる運命に、師父に助けを求めたのかも。
 師父に”趙盤は死んだ”と言われたことで、冷酷な秦王・嬴政として生きていくことを選び、少龍とは完全に袂を分かつのだが……、本当に趙盤は死んでしまったのだろうか?

・善柔
 これまでの少龍に対して想いの全てが、あの一瞬で報われたとでも言いたいみたいな晴れ晴れとした表情には、すっかりヤられてしまった。さすがはプロの刺客である(違)三人幸せそうに寄り添っている姿に、満足げに立ち去っていくのが、この人らしいというか。
 しかし、アイキャッチやオープニングで何度も見慣れたシーンだったけれど、この流れで見るとやっぱり感慨が違うね。

・烏廷芳
 最後までお騒がせだった。あぶなくまた暗いところに落ちて行きそうになったところを、項大哥の必死のプロポーズで踏みとどまったので安心した。やっぱり主人公サイドで不幸になっちゃう人が出ちゃうと、後味悪いしね。でもこれで、ようやくなんのわだかまりもなくなって、お父様とも再会できたし……あれ、なんか一人忘れているような気が?(触れてはいけないんだろうか?)

・琴清
 なんか気がつくと、廷芳とは本当の師妹のよう。もちろんこっちがお姉さんである。”I Love You"はいつでも心で二人に言ってるよ、と照れて誤魔化す少龍に、二人同時に”ほんとに~?”と突っ込むところは笑ってしまった。
 でも、この殺し文句を、ドタン場で少龍を止めるために使うところが、ただものじゃないと思った。

・鄒衍
 先生、嬴政のことで落ち込む少龍をまた慰めていた。ああいうどす黒いシーンの後で、この人の姿を見ると救われる気がする。

・項宝児
 少龍と廷芳の息子。弓の腕は少龍と互角くらいなのか? 名前はデヴィッド・ボウイからって、項大哥、あんたいいかげんにしなさい(笑)
 しかし、羽と改名したいとか言い出す(笑) 少龍の苦労は終わらない?
スポンサーサイト

Comment

おつかれさまでしたー

やっぱクライマックスへ向けての怒涛の流れに入ったら、止まらないですね。
この最終回も発信機が落ちる辺りで「ついに来たか!」てな感じにぞくぞくなって、
で、最後は絵に描いたようなめでたしめでたしで終わるという後味も素晴らしかったです。
(特に武侠ドラマって最終回が終わって「手放しで」すっきりできることがあんまりないですし^^;)

>あれ、なんか一人忘れているような気が?
ん? 誰かいましたっけ?
やだな、うちゃさん、陶総官ならちゃんと烏家堡の場面でいましたよ。ごほごほ…@@

>この殺し文句を、ドタン場で
これ、改めて最初の頃ちょっと観返したら気づいたんですが、
現代の阿青と良い仲だった頃によく言い合ってたんですよね。
そう考えるとなんかこう、すごく感慨深いものがありました。
やっぱメインヒロインは伊達じゃないですね。

>デヴィッド・ボウイ
ほんと、最後までこの男はって感じでしたな(笑)
廷芳の「古代人舐めるんじゃないわよ」とか
すっかり染まった琴清にまで尻に敷かれてるのにも爆笑しました。

2008.05.17 (Sat) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

No title

>発信機が落ちる辺りで「ついに来たか!」
オープニングで出てきたあれが、ついに! って感じでしたね。

>最終回が終わって「手放しで」すっきりできることがあんまりない
確かに、ここまで奇麗なハッピーエンドって珍しいです。

>陶総官ならちゃんと烏家堡の場面でいましたよ。
そ、そうでしたね(^^; おにい……いやなんでもありません(^^;

>最後までこの男はって感じ
エピローグは、序盤のまったりムードが帰って来て、嬉しかったです。でも、あの調子で未来のことダダ洩れにしてそうな気が(笑)

2008.05.17 (Sat) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。