スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尋秦記 第三十七集

 オープニングやアイキャッチでおなじみのあのシーンがっ!

 か、かるめん!?? そういやそういうドラマだったっけ(笑)
・項少龍
 廷芳との仲を何とか修復しようとするのはいいんだけど、烏家で仲良くケンカしてたころの調子でやってたら無理だってば(笑) まあ、善柔のフォローもあって、だいぶ距離は縮まってはきているけど。 
 そんなとき、斉王の前での踊りの披露が、暗殺計画に使われていたことを知って、廷芳を守るために駈けつける。だが逆に少龍をかばって廷芳が毒刃を受け、彼女の解毒剤を得るために、善柔と共に曹秋道に挑み、運にも助けられてなんとか彼を倒す。
 こうして彼女の命を救った少龍に、廷芳の頑なな心もほぐれ、晴れて二人は結ばれることに……って、ちょっとまてい(笑) 項大哥、あんたには待っている人がいるんじゃなかったか?

・善柔
 なかなか素直になれない二人をニヤニヤしながらフォローしてたりと、相変わらずの保護者ぶり(なんか弟を見守るお姉さんっぽいんだよな、この人)。そしてようやくわだかまりを捨てて、寄り添う二人を見て、何も言わずに淋しそうに微笑んで立ち去る姿。どちらも彼女らしい。この場面、女の子っぽい格好をしているというのもポイントである。
 しかし、やはり圧巻は曹秋道との対決シーンか。彼女の命と引き換えに、曹秋道に奥義書を渡そうとする項少龍に対して、「私一人の命じゃ割に合わない」と解毒剤も一緒に取引させようとするとは。こんなこと、彼女でなければできないだろう。
 そして、そんな彼女をあざ笑うかのような曹秋道の言葉にも全く動じず、微塵の迷いも見せない。なんか七剣の傅前輩を思い出してしまったよ。
 ……かと思えば、ハンググライダーでの脱出行に普通の女の子のように怖がってみせたりと、彼女の魅力爆発の回であった。
 
・烏廷芳
 なかなか素直になれなかった彼女だけど、命がけで助けに来てくれた少龍の姿や、自分がもうすぐ死んでしまうかも、との思いから、ようやく胸の内を明かした。解毒剤のおかげで命もとりとめたし、これでようやく幸せに? でも……

・嫪あい
 去勢され、絶望から死のうとするが、朱姫から妊娠していることを告げられて、 子供のためにも生き延びることを考え始める。まずは、早速始末しに来た嬴政を、彼の正体が趙盤であることをネタになんとか退ける。そして、どうやら王の偽物を用意しているようなのだが……。いったい何を狙っているのか?

・曹秋道
 すでに視聴者にはバレバレだったが、刺客頭としての正体はずっと隠したまま、剣聖と呼ばれて尊敬を受けてたとは知らなかった。善柔と項少龍を始末するため、墨者たちを動員したのだが、あまりの非道な戦いぶりに彼等からも見捨てられた。剣の腕では少龍達を圧倒しながら、最後は天運により敗れたような形に。これも非道の報いなのだろう。
スポンサーサイト

Comment

No title

今回の「飛び降りてよ」→「わかった」→「本当に飛び降りることないでしょ!」→「嘘だよ~ん」っていう流れ、
以前に一度やってるんですよね。
いろいろあって変わってしまった廷芳ですが、変わっていないものもちゃんとあるという。
ただ観ている側の心情的には、咸陽で健気に待ってる琴清のことが気になって
素直にこの二人の復縁について喜べないというか、複雑なところなんですが(^^;
前回「絶対生きて帰って琴清に会うんだ!」って必死にあがいていたかと思えば、
なんかいつのまにかすっかり琴清のことが頭から抜け落ちちゃってるみたいに見えるんですよね、項大哥(^^;

今回のカルメンみたいなおかしいノリ(褒め言葉)を見ると、最近のドス黒い展開に改めて、
戦国サッカー編とかほのぼのやってた頃がもう遠い昔のように感じますね(笑)

2008.05.14 (Wed) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

No title

>以前に一度やってるんですよね。
そうそう、あっ、またおんなじ事やってる、とか思ってみてました(笑)

>咸陽で健気に待ってる琴清のことが気になって
そうなんですよね、廷芳を見捨てられない、というのも分かるんですが、じゃああっちはどうするんだ、ってなっちゃいますよね(^^;

……そして次回、驚愕の展開が待っている、と(笑)

2008.05.14 (Wed) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。