スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尋秦記 第二十四集

 うわーん(;_;)

・趙倩
 姫さま(;_;) 前々回の予感通り、嫪あいの項少龍暗殺計画を偶然知ってしまったことで殺害されてしまいました。今回前半で、娘蓉と知りあって、友達になり、二人で幸せそうにはしゃいでいる姿なんかを見せられているので、ダメージもひとしおです。
 そりゃ、覚悟はしてましたけどね。自分が今にも殺されるって場面で「項大哥を殺さないで」って言っちゃうんだよな、この娘は(;_;) 登場してからほとんどずっと、項大哥だけを一途に想っていたんだよね。

・嫪あい
 やりやがった。しかし、姫さまに言った「殺したくない」というのもまた、本音ではあるのだろう。彼の殺意は少龍一人に向けられていたのだと想う。気になるのは、いつ少龍殺害を決めたかなのだが……、趙に行く時にすでになのか、それとも彼が出世すると言う話を聞いて殺意を押さえきれなくなったのか。……後者のような気がするんだが。

・項少龍
 嫪あいの準備した暗殺部隊は撃退、無事に咸陽に帰り着く。が、彼を待っていたのはこの上ないほどの悲報だった。さすがに今回は自分を押さえきれなかったようである。このまま呂不韋との間に亀裂が走ってしまうのだろうか。

・呂娘蓉
 呂不韋の娘であり、口が達者で負けず嫌い。姫さまとは正反対のタイプの女の子として登場して、彼女と友人になるが、それが悲劇を生むことになるとは……。もちろんこの娘には何の罪もないんだが、巻き込まれたりしないか心配である。

・呂不韋
 デレパパというのはツンデレさんとか男装の美少女とかと一緒で、武侠物のお約束なんでしょうか(笑) 娘さんとのやりとりはなんか見慣れた風景でありました。

・鄒衍
 琴清が心の底では少龍に惹かれていることを見抜いているのか、何かと二人をフォローする先生。新聖人=項少龍であると考えているから、彼の行く末を見たいという気持ちもあるんだろうね。なんか、この人に説得されるとあらがえない気がすごくするのが不思議だ(笑)

スポンサーサイト

Comment

No title

今回は前半で持ち上げておいて、後半で突然谷底に突き落とすというのをやられましたねT_T

>彼が出世すると言う話を聞いて殺意を押さえきれなくなった
たぶんそうですね。
せっかく夫人に取り入って出世の糸口を掴んだはずなのに、
またしても目の前で少龍に掠め取られた…ってことで
カッとなってやってしまったんじゃないかという気がします。

>デレパパというのはツンデレさんとか男装の美少女とかと一緒で
ああ、そう考えれば、なんだかすごく納得がいきます(笑)
なるほど、お約束だったのか。

>琴清が心の底では少龍に惹かれていることを見抜いているのか
これは、その通りでしょうね。
どっちかというと、娘が悩んでいるのを見て、
その後押しとして「少龍が新聖人かも知れないから、見届けたい」というのを
口実として用意してあげているように感じました。

2008.05.08 (Thu) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

No title

>またしても目の前で少龍に掠め取られた
あの場面、押さえきれずに反応してましたしね。

>口実として用意してあげているように感じました。
なんか、先生って背中の押し方が巧いんですよね。

2008.05.08 (Thu) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。