スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尋秦記 第十四集

 舞台が変った事で、新キャラが続々登場。そして待望の爺キャラが!
 あと、やっぱり知識があった方が楽しめると思うので、史実絡みのキーワードはリンクを貼っておこう。
・項少龍
 の首都、大梁入りした少龍だが、早速平原夫人と少原を軟禁していることが魏の信陵君にバレる。しかしここでは虚実取り混ぜた駆け引きの末、とりあえず信陵君と同盟を結ぶことに成功する。やっぱり知能戦には抜群に強い。
 そして、「魯公秘録」奪取のため、抜け道をさぐっている最中に、現代に残してきた元恋人・青とそっくりな女性と出会う。……しかし、おかげで色々とやらなきゃ行けないことがあるのに、上の空になったり。まあ、気持ちはわかるんだが。
 それでも、ぐずぐずしてられないと、趙雅夫人にはっぱをかけられて「魯公秘録」はなんとか手に入れて逃走中、というところで次回となった。

・信陵君
 魏の公子。祇王暗殺を狙っているということで、当面少龍と手を結ぶことにした。結構知力は高そうだが、未だに少龍の真の目的には気がついていないようす。

・魏牟
 信陵君配下の武将。もう見るからに戦国時代の人、というビジュアルがステキである。髭とか。あとぶっとい眉毛もなかなか。

龍陽君
 中国史上初の男色家ということらしい。実に気持ちのいい好漢。大梁開門を巡っての信陵君との論戦を仲裁してもらったことで少龍に好意を抱く。

鄒衍
 爺きました(笑)龍陽君と琴清の師匠であり、天文学など各種の学問に通じているようだ。それでいて偉ぶらず、暖かい人柄がにじみ出ているような笑顔がステキである。お髭をなでる仕草とか、爺好きにはたまらないですね(笑)

・琴清
 少龍の元恋人にうり二つ。龍陽君の妹弟子でかなり頭が良いようである。この兄妹弟子が楽しげに論争しているところを嬉しそうに見ている鄒衍、という絵が好きだ。

・烏廷芳
 嫪あいに殺されかけるが、そこは度胸で乗り切った。その�あいに弟子入りしようとしている連晉を心配して、同行することしたようである。

・連晉
 嫪あいも右手が使えず、左手だけの剣法を編み出したことを知ったため、自分も剣客に返り咲くため、彼に弟子入りしようとする。いたぶられても必死に懇願する姿は、確かに以前とは変っているのだが……はたして。

・嫪あい
 Sだね。連晉をいたぶって楽しんでいる。確かに腕は立つようだが、性格は最悪の部類である。
スポンサーサイト

Comment

No title

やっぱり新キャラがたくさん出てくるとわくわくしますよね。

>信陵君
この人と少龍のやりとりは、お互いそれなりに手札を見せ合いながら
肝心な札は伏せたままにしておくというこれまでにない緊張感が楽しいですね。
趙穆のダメっぷりにうんざりしてきていただけに(^^;

2008.05.05 (Mon) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

No title

>これまでにない緊張感
そうですね。なんかプロ同士の会話、という感じがします。
完全には敵対しないで、相手を利用してやろうというところが特に。

2008.05.05 (Mon) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

見慣れることの弊害

 武侠ドラマを見始めた頃には「男装の美少女」を見ても、それが男装だと気づかなかったんですよね。中国のその時代の女性・男性の服装の違いが解らないから。それがようやく見慣れて、男装を男装だと判断できるようになった今日この頃だというのに。

 明らかに中の人が女性の龍陽君を、登場時点から男装の女性だと思ってたら、「中国史上初の男色家」設定だから女性を配役?(^^;

2009.09.22 (Tue) | 碧猫 #fYTKg7yE | URL | Edit

NoTitle

>男装の女性だと思ってた
そうなんですよね。私も最初どっちだかわからなくて(^^; 調べてから「あっ、男なのね」とわかったという。

2009.09.24 (Thu) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。