スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尋秦記 第五集

 なんだか予想もしてなかった方に話が進んでいく(笑)

・項少龍
 王様の前で趙穆一派と対決するのだが、なぜか決着はサッカー大会でつけようという話になってしまった(笑)というわけで、烏家チームのトレーニングを始めるわけだが、なんですかそのどっかで見たようなトレーニングコースは(笑)
 一方で、人質の嬴政と朱姫の母子を救出するために人質府に潜入するが、そこで同じように潜入していた陶総官とばったり出くわす。どうやら烏應元も陶総官も秦のために働いていた事を知る。とっさに、覚えていた故事をうまく使って、自分も秦の密使だということを信じさせることに成功。協力して人質救出に当たることに。でも、まずはサッカー大会に向けてチームを鍛えることだ、というストーリー展開に痺れる(笑)

・烏廷芳
 いまだに項少龍に反感を持っているお嬢様は、彼がサッカーチームの主将になったのが気に入らない。そこで、一服盛って面目を潰そうと悪だくみ。だが、連晉が渡したのが砒素だったので、危うく少龍を殺すところだった。
 これで終わったらただの迷惑娘だが、少龍への反抗心は地獄のトレーニングコース攻略への熱意に変った。このあたり、ただふてくされているだけで、何にもしないお兄さんとは違う。

・連晉
 砒素2銭って安すぎないか? というのはともかく、少龍を毒殺しようとしたことをお嬢様に感づかれて、いきなり株が下がった。あいつを放っておくと趙穆に切り捨てられそう、という焦りからか。でも、このままだとお嬢様も持っていかれそうである(^^;

・烏應元
 なんかすっかり少龍にたらしこまれて惚れ込んでしまったようだ。娘たちの少龍への反感って、この傾倒ぶりにも原因があるよなぁ(^^; 
 あ、それから「フェラーリ」って、かなりいい褒め言葉なので、そんなに怪訝そうな顔しなくても大丈夫ですよ(笑)
スポンサーサイト

Comment

No title

まさか本当にサッカー編に突入するとは、って感じですよね(^^;
おまえそれ、「本故事純属虚構」って言っとけば
何やっても許されると思ってるのか!みたいな
そんな突っ込みを力いっぱいせずにはいられないというか(笑)

2008.05.04 (Sun) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

No title

>まさか本当にサッカー編に突入するとは
なんか、完全に騙されてるような気がするんですが、大まじめにやられると、なんとなく、それでもいいか、って気分になってくるのが恐ろしいです(笑)

2008.05.04 (Sun) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。