スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽の値段

 日経の報道だけじゃ半信半疑だったのだが、CNETJapanでもこんな記事が出ているくらいだから、もしかしたら本当なのかもしれない、と思えてきた。
 そうなるとやっぱり気になるのは値段だよね。それでふと考えたんだけど、音楽配信の値段って、いったい誰が決めているんだろう。普通の商品だったら、卸値に経費と利益を見込んで売値を決めるだろう。音楽の場合は、卸値に当たるのは、レーベルに払う分とJASRACへの著作権料になるだろう。Appleの商売としてはあくまで音楽配信はiPodの販促用で、それ自体で利益を出すことはあんまり考えていなかったはずだ。だとすると、国内の他の音楽配信事業自体で利益を出すことを目的としている他のサービスよりも安い値段で提供できてもいいはずだよね。
 もし仮に、他の配信サービスと同じ値段ということになると、それはどういう理屈になるんだろう。もし音楽業界が同じ値段でないとサービスを認めない、とかいってるんだったら、変じゃないか? 商品を卸しているところが、これはこの値段でなければ売ってはいけないって言っていることにならないか?
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。