スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七剣下天山/楚昭南

 天山の晦明大師の一番弟子にして七剣士筆頭。七剣中最強の由龍剣を操る剣士である。

 天山の晦明大師の元で修行をしていた四人の剣士のリーダー格で、弟弟子達からは絶大な信頼を寄せられていた。傅青主と共に彼等に助けを求めにきた韓志邦たちの熱意に討たれ、反対する晦明大師を説得して下山することを決意する。彼の手にする由龍剣は、このときに「心で剣を操れ」という言葉と共に晦明大師から贈られたものである。

 楊雲驄たちからは、「大師兄だったら大丈夫だ」と頼りにされていたのだが、見ている側としてはどことなく危なっかしさのあった昭南。最初の頃の楚昭南は己の抱く正義にも、そして剣の腕にも、まったく疑いを持っていなかったんだろう。自分は無敵の由龍剣を奮って”正義と信じる心”を取り戻すんだ、という理想に燃えていたのだと思う。そしてその脆さを敵手である哆格多親王に見抜かれ、付け込まれることになる。
 親王は最初に緑珠を使って、昭南の”正義”に疑いを持たせることに成功する。そして傷心の昭南は、弟弟子の楊雲驄と共に砂漠の鷹を率いる飛紅巾に協力し、親王を倒そうとする。だが、自信満々で挑んだ投降作戦は完全に親王に読み切られており、逆に裏切り者の疑いを持たれてしまう(というか、裏切ったと思わなかったのは楊雲驄だけだった)。楚昭南は、このとき初めて、緑珠の苦しみを本当に理解する。

 砂漠編では、楊雲驄の持つ青幹剣に、由龍剣を制圧する役割が持たされていることを知り、激しく動揺するシーンが印象深い。親王が緑珠を使って昭南に植え付けた毒が、少しずつ彼の心を蝕んで行っていることがよく分かる。

 彼が一度失敗したにもかかわらず、再度偽りの投降作戦にこだわった姿は、信頼を得たくて昭南を試した緑珠の姿と痛ましいほどに似ていた。もうこの時には下山した時の目的はどこかに行ってしまい、親王を殺して皆の信頼を取り戻すことしか頭に無かったのだろう。だがそれすら親王に読み切られ、後戻りの出来ない場所に追い込まれて行く。

 ラスト、親王を討ち取ったものの、もっとも信じてもらいたかった楊雲驄を失い、もはや以前の自分には戻れないことを思い知らされた昭南は、晦明大師までも恨みながら闇に墜ちていった。

”心で剣を操れ”と諭されながら、傅青主のような揺るがない心を得ることは出来ず。終始、由龍剣の強さに依存していたようにも思う。
(まあ、そうは言っても傅前輩のあの心の強さは異常ではあるのだけど)
 
スポンサーサイト

Comment

選ばれし者だったのに!

>偽りの投降作戦
もー、何度同じ手を使うんだって突っ込みたくなりますよね(^^;
ほんと自信満々にもほどがある。
「自分の価値」というやつを疑いもしていなかったんでしょうね。

>下山した時の目的はどこかに行ってしまい
そうそう、いつの間にか、目的と手段が入れ替わってしまっているんですよね。
呉会頭を殺しちゃった辺りからかな。
ただこれもある意味、呉会頭自らによって
後戻りが出来ないように背中を押されちゃったところもあるわけで、
それもまた因果なところですね。
昭南に、その期待に応えられるだけの強さがなかったというのが
やはり一番の問題点でしょうか。
うーむ、下部ではどんなことになっているのか、期待と不安で半々です。

2008.04.29 (Tue) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

No title

>自信満々にもほどがある。
 どう見てもバレバレでしたよね(^^; 何度も雲驄にやめようって言われてたのに。

>期待に応えられるだけの強さがなかった
 志邦が、会頭の信頼に応えようと、どんどん頼れる男になっていったのと対照的でした。

2008.04.29 (Tue) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。