スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑傲江湖/藍鳳凰

 武侠ヒロインということであれば、現在放映中の笑傲江湖にも、聖姑さまこと任盈盈筆頭に、魅力的な人たちは数多く出演している。可憐な美少女尼僧の儀琳ちゃんや、わがままな妹キャラの小師妹。やさしいママさんである寧女侠、更にはあらゆる意味で最強の東方不敗(違)
 でもみんな書いちゃったしなぁ、と思っていたけど、この人のことを忘れちゃいけなかった。

 五毒教(五仙教)教主にして、任盈盈の親友。五覇岡に向かう華山派一行の前にいきなり現われる。すっかり重病人となってしまった令狐冲のために、蛭を使って輸血したり、薬酒(ただし中には五種類の毒虫が漬け込んである)を飲ませてあげたりする。もちろんこれは、親友である盈盈の想い人、令狐冲を助けようという純粋な親切心からなのだが、ただでさえ華山派内で微妙な立場になっていた冲にとっては、さらに師父との溝が深まる結果に(^^;

 五毒教と聞くと、どうしても何鉄手姐さんが頭に浮かんでしまうのはしかたないところ。残念ながら、あのメインヒロインを食ってしまいかねないほどの圧倒的な楽しさこそないものの、堅物である丘不羣夫妻や小師妹を翻弄してのける小悪魔っぽさはさすがである。
 設定上は令狐冲よりも歳上であるにもかかわらず、「兄さんと呼んでいい?」なんてしれって言っちゃうところもなかなか(笑) これって、もちろん冲のことを気に入ったというのもあるんだろうけど、横でおっかない顔して睨んでいる小師妹への当てつけって部分も多いんだろうなぁ(笑)。そもそも、わざわざやって来たのだって、半分くらいは親友の彼氏の見物という好奇心があったからだろうし(笑)

 その後も、少林寺襲撃の時や、令狐冲の恒山派掌門就任式などに姿を現わし、結構物騒なことを対して罪悪感なさそうに言ったりやったりしちゃうあたりは、何鉄手の後継キャラという感じであった。特に恒山派掌門就任の嫌がらせにやってきた陸柏に対して、盈盈と二人でからかって遊んでいるところは本当に楽しそうだった。

 正ヒロインである盈盈たちに比べると遥かに出番は少ないものの、それでも結構印象に残るのは、中原の人たちは違い、時に奔放さを感じさせるくらいに感情をストレートにあらわすところが魅力なんだと思う。
スポンサーサイト

Comment

時間が経つほどに不条理感が増す(^^;

ドンファンフーバイ様がヒロインに混ざっているのに、ティーインシータイ様がスルーされているのは、生物学的に理不尽な気が。。。

どなたか、武侠好き大哥・大姐がつっこんでくれると思ったのにー。

2008.04.03 (Thu) | 碧猫 #fYTKg7yE | URL | Edit

それは

とっとと書いてエントリーにあげんかい! という脅し励ましでしょうか?(笑)
えっと、考えときます(汗)

2008.04.03 (Thu) | うちゃ #- | URL | Edit

No title

うちゃ兄のジェンダーフリーの実践だ!わーいわーい<違
香港版では「トンホンフファイ!」と呼ばれていました。それにつけてもブリジット・リン版は別物。

2008.04.03 (Thu) | DoX #CjlWd7YA | URL | Edit

え~、だって

東方不敗って、中身は完全に乙女じゃないですか。
あれはヒロインですよ、少なくとも本人の意識の上では。

2008.04.03 (Thu) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。