スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンテージポイント

 いやいやいや、これは面白いです。上映時間90分と短めながら、その間まったく緊張感を途切れさせれることなく最後まで見せきってしまっているため、ものすごく充実感がある。それでいて見ている最中には時間を忘れさせてくれるという、サスペンスものとしては理想的でしょう。
 しかし、まだ見ていない人に中身を話してしまうと確実に恨まれる映画でもあります。というわけで、以下は隠させていただこう。見る前に読んではいけません。

 スペインで行われた国際テロ対策の首脳会議、そのオープニングセレモニーで起きたアメリカ大統領狙撃事件とそれに続く爆弾テロ。この事件を、TV中継していたプロデューサー、大統領のシークレットサービス、地元の警察官、会場に訪れていた旅行者、といったさまざまな視点から見せることで徐々に真相が明らかになっていくという構成。当然ながら同じ事件を何度もくり返し見せられるわけなんだが、これが全く飽きないんだよね。そして何が起きていたのかを観客が把握してから後、前半で撒かれていた伏線が回収するのと、犯人を追いつめて行く過程が同時進行するスピード感はちょっとたまらん快感であった。派手なカーチェイスも爆発もあるのだけど、これが全く大味にならずにすんでいるのは、たぶんそのせいもあるのだろう。
 それにしても、いちいち伏線のひき方がうまい。同じ時間の出来事を何度も見せるというのは、ちょっとタイムスリップものにも似ている感覚があるのだが、何度も繰り返されることで、少しずつ観客側の情報量が増して行っているおかげで、作中人物がかなり交錯しているにもかかわらず、混乱させられることがほとんどないんだよね。その分ストーリーの方に集中できる。

 扱っている題材が題材なのだけど、あくまでエンターテイメントに徹しているというのもいいところである。と言っても、単純なアクション映画になってしまっているわけではなく、無意味な報復合戦になることを押さえようとする大統領の姿には理性と良心を感じたし、なによりこの物語の結末で、重要な役割を担うことになる少女の存在が大きい。この映画でいちばん”やられた!”と思ったのは、あの場面でテロリストが少女を避けるためにハンドルを切るシーンだったんだよね。

スポンサーサイト

Comment

ハンドル

【ネタバレ】
理想実現のためには冷静で非情な決断をする犯人も
とっさの判断では人間的だったということでしょうか。
僕も、おお!と思いました。


それにしても救急車の前に飛び出したのが女の子ではなく、
黒人さんだったら?
あれだけ回転する救急車の中で大統領良くご無事で!とか、
いや、観てるときは面白かったから余計なお世話なんですがw

2008.04.01 (Tue) | うろ #- | URL | Edit

うろちゃん

>あれだけ回転する救急車の中で大統領良くご無事で!
実は、これはちょっと思っちゃいました(^^; ひどいことになってたら台無しですが(^^;

2008.04.01 (Tue) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。