スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マップス/長谷川裕一

 本屋に立ち寄ったら「マップス・シェアードワールド-翼あるもの」なんてのが出ていたので、思わず買って読んでしまった。「マップス」というのは長谷川裕一氏の長編SFマンガで、だいぶ前に完結しているものであるのだが、この本はその世界と共通する設定を持ったスピンオフ作品。なんて表現をしてしまうと味気ないか。本編の中では描ききれなかったあちらの世界のまだ語られていなかったストーリー集である。

 で、こういうものを読んでしまうと当然のごとく本編を読み返してしまうことになるわけだが。なんといってもこのマンガ、でたらめなスケールのでかさが最大の魅力である。スタート地点こそ地球なのだが、あっというまに全銀河のスケールにまで話がふくらみ、最終的には……えっと、どんだけ? さすがに、レンズマンを意識していた、というだけのことはある。あれもとんだ大風呂敷SFだったからなぁ。
 そしてこれだけ広げまくった大風呂敷をきちんとたたんでしまう力量もすごいものがある。ただ畳んだわけじゃなくて、広げまくったスケールはそのまんまで、スタート地点の地球に戻ってきちゃうんだもんな。

 そんなわけで、もとのストーリーの方は奇麗に完結しているわけだが、そこで産み出されたあまりにも魅力的な宇宙は読んだ人の中から消えずに残ってしまい、こんな形で再会することになった。そういやレンズマンの方もスピンオフ作品ってあるようだし。

……なんて思っていたら、本人の手による新作も出てたんだ。知らなかった。
スポンサーサイト

Comment

No title

 あれは実にいいまんがですね。握り拳を作りつつ賛成します。
 そして新作は怖いので読んでません(笑)

2008.03.22 (Sat) | くま(仮) #- | URL | Edit

くま(仮)さん

>握り拳を作りつつ
そうそう、読んでるといつのまにか力が入ります。
新作、結構良かったですよ。ってもまだ入り口なんで、まだまだこれから先がながそうな感じが(笑)読むならもうちょっと待って一気にいったほうがいいかもです。

2008.03.22 (Sat) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。