スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碧血剣/木桑道長

 爺あっての武侠ということで(笑)


 一見飄々とした世捨て人なのだが、実は千変万劫の異名をとる軽攻と暗器の達人であり、袁承志にこれらの技を教えたのもこの人である。そして無類の碁好きで、常に碁盤と碁石を持ち歩いている。承志に技を教えたのも、実は碁の対局をやりたかったが故なのであるが、この部分、ドラマ版ではバッサリカットされてしまっているのが残念でならない。
 これが、美味しいんだまた。対局がしたくて穆人清の所に遊びにくるんだけど、穆師父があんまり身を入れてくれないもんだから、承志に目を付けて、技の伝授をエサにして碁を教える。ところが、そのうち承志の方が強くなってしまい勝てなくなってくると、拗ねてぷいっといなくなっちゃたりとか(^^;
 そういう前振りを知ってからだと、南京で承志たちと合流した時に、道長がしきりに碁を打ちたがってたこととか、そんな道長に対して、承志の方はあんまり勝ちすぎないようにしようとか言ってたことがよけいにおかしかったりする。

 そんな道長であるが、武功の方は超人級である。本編では片鱗しか見せてくれないものの、大勢に囲まれても全く動じず、碁石を飛ばして瞬時に制圧してのける実力を持っている。金龍幇での陰謀がバレて逃げ出そうとした太白双英を捉えたのもこの人だった。(実は碁石だけじゃなくて、碁盤の方も武器らしい)

 そして特筆せずにはいられないのが老猴(じじざる)こと穆人清との仲良しさんぶり(笑) もうね、一人でさえたまらない魅力を持ったスーパー爺っぷりを見せつけられているというのに、それが二人揃って仲良くしてるんだからどうしたものかと。南京編で、弟子や孫弟子の不始末におかんむりの穆師父をなだめながら、手をつないで退場して行った時には萌えすぎてたまらんかったですよ(笑) 原作読んでいても、例えば崋山にやってくるシーンとかは、「ひさしぶり老猴と手合わせができるわい」とウキウキしながら碁盤をしょってあの険しい山道をやってくる姿が想像できちゃうわけでして(笑)

 そんな道長のことは、承志だけでなく華山派の弟子達も慕っている様子なのが、また微笑ましい。彼等のことは親しみを込めて「小猴たち」って呼んでいるのがいかにもこの人らしいんだよな。自信では弟子を取らないのは、この情の深さがかえって仇になることを思ってのことだろう。

 道長にとっての悩みの種は、弟弟子でありながら、清に使えて悪事を働いている玉真子のこと。この道を外した師弟に対して、師兄としての責任感と弟弟子に対する情の板挟みになる姿もまた、この人らしいところである。そして結局、袁承志に破れて命を落とした玉真子を弔ってやることが、兄弟子としてできるせいいっぱいのことになってしまった。
 このとき、悪人とは言え、道長の弟弟子を殺してしまったことについて何か言いかける承志を制して、「碁の勝負はついてないからな」と承志が気に病んだりしないようにしてあげる優しさが大好きである。
スポンサーサイト

Comment

老猴、わしら金持ちになったぞ。ほれ、金子がこんなに

>禁止ワードの設定
あー、やっぱりそっちでしたか(^^;
fc2はときどき鯖のせいでがおかしくなることもあるので、
そのどっちかだと思ってたんですが…

-------------------
>承志に技を教えたのも、実は碁の対局をやりたかったが故なのであるが
武林大会だったかな、確かいちおう
「また新しい技を教えてもらおうかな」とか承志が道長に言って
「何を、こいつめ」みたいなやりとりがあったと記憶しているので、
武術の教授を賭けて囲碁の勝負をしてたって設定は生きてると思うんですけどね。

老猴は頓着がないから囲碁の勝負には弱いっていう裏話も笑いました。
なんか原作だと道長、碁狂いっぷりがさらに強化されてる感じですね(笑)
(いや、そっちが元だから強化って表現も違うか。)
やっぱりこの辺のエピソードを読めば読むほど幼年編カットが惜しまれます。

>拗ねてぷいっといなくなっちゃたりとか
これは私も爆笑しました。まったくこの爺様のかわいさったら(^^;

2008.03.13 (Thu) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

おまえ、武芸のほうは精進したが、碁の腕は上達せんのう

すみません、ご迷惑をおかけしました。

>武術の教授を賭けて囲碁の勝負をしてたって設定は生きてる
そういえばそうですね。まあ、でも実際に教えてるとことかも見たかったなぁ、ということで(^^;

>道長、碁狂いっぷりがさらに強化されてる
これ、道長にしてみれば技の伝授をエサにしてるつもりだけど、老猴の方は、碁をエサにして技を伝授させてるんですよね(笑)

>この爺様のかわいさったら
南京で再会したときに、勝ちを譲ってもらったので、あっさりご機嫌になっちゃったりとかもありました(笑) 承志に相手してもらってること自体が嬉しかったのかもしれませんが



2008.03.13 (Thu) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。