スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「料理」と「炊事」

 いきなりですが、私は料理は結構好きな方です。最初は山ほど失敗しましたが、だんだん慣れてくるとどうすると美味しくできるか分かるようになってきて、楽しいです。それから、どうやら私は人を料理でもてなす行為というのが好きみたいです。得も言われぬ快感があるんですよね(笑) 料理ってのは文化だなと確かに思います。
 ところがですね、やってることは全く同じなのに「料理」じゃなくて「炊事」って感じる時があります。こっちはとにかく面倒くさい。なるべく時間を取られないように、インスタントですませちゃおう、経済的に余裕があるなら外食でいいやって気分になります。これはこれで、確かに自分の実感なんですね。
 たぶん、家事で飯を作っている人っていうのは、どっちも持ってるんじゃないかと思います。しかもその割合は人それぞれはもちろん、一人の中でもその日の(どころかその時の)気分によって変わってくる、と。
 何でこんなこと書いたかというと、こんな話を読んでしまったから。もともとは、家事、育児は労働ではない、愛、調和、献身、祈りの行動である。という発言だそうですが。それはちょっと見方が一方的すぎやしませんか? その価値観を押し付けられたら、逃げ場が無くて息が詰まる、と思うけど。そんなのが理想なんだろうか
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。