スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碧血剣/何守

 原作を読んだら更にファンになってしまった。
 物語も中盤にはいり、いよいよ父の仇である崇禎を討つべく北京にやってきた袁承志の前に、艶然と現われた美しき毒花。それが何鉄手と名乗っていた五毒教教主のこの人だった。まだ若い娘の身でありながら、卓越した武功と危険な毒物を操るこの妖しき異民族の美女は、さまざまな策略をめぐらせて袁承志一行を翻弄する。

 暗愚な皇帝に取って代わろうという野心を持っていた恵王の手駒として北京に呼び寄せられた五毒教であったが、素直にその程度の立場に収まるような可愛げのある者たちではなかった。呼び寄せた恵王たちの思惑を超えた所で暗躍する何鉄手たち。そこには実は金蛇郎君との因縁も絡んでいたのだが、この人にとってはそれすら些事に過ぎなかったのではなかろうか。

 したたかに立ち回り、容易に底を見せない、そんな彼女に武功では勝っていても、翻弄されぱなっしの袁承志。だが、なぜか彼女は完全に敵対してしまうわけでもなく、逆に執拗に弟子入りを志願したりする。一応、金蛇郎君の武芸を伝授してもらうことで、五毒教を建て直そうという目的はあったようなのだが、はたしてそれも本心なのかどうか……。(原作ではもっとびっくりの真相があったりするのだが(笑))

 そんな冷徹な策略家の顔を持つかと思えば、戦いの場面では笑みを浮かべながら必殺の鉤手を振るい、楽しそうに暴れ回る。仙都派の待ち伏せにあって窮地に追い込まれたときでも、それは変わらず。そのハイテンションな戦い方は、恐ろしくも妖しい魅力にあふれていた。

 そして、恵王謀反時の乱戦の時には、承志の説得にすばやく損得勘定をして手勢を引き上げてしまうのだが、これがきっかけとなり教主の座を追われ、承志に助けられることになる。生命をとりとめた彼女は、いやがる承志に半ば強引に弟子入りしてしまう、っていうかほとんど脅迫してるし(爆)

 こうして袁承志一行の一員に加わり、名前も何守と改めた彼女だったが、敵であった頃とやってることはほとんど変わらず。舌戦をいどんでくる相手には、涼しい顔をして躱しながら、なんとも効果的な反撃を食らわすし。力を頼みに迫ってくる相手には、実に楽しそうに、躊躇なく鉤手の餌食にしてしまう。
 だいたい、押しかけてまで弟子になってるくせに、全然弟子っぽくないんだもんな(笑) かといって、弟子になりたいという気持ちに嘘はなく、また傷ついた紅娘子を守るため、体を張って戦ったりもするし。ほんと、底が見えない。

 なんかこうやって書いてると、とんでもない人にしか思えないんだが(^^; これが全然悪い感情を持てないんだよなぁ。歴史物としての比重が増し、重苦しさを増して行った終盤において、この人の、どんな状況におかれても全く揺らぐことのないパーソナリティは魅力的だった。彼女は王朝のゆくえや歴史の流れがどう変わろうが、彼女自身であり続けるだろう。

スポンサーサイト

Comment

>びっくりの真相
あれが没になったおかげで、さらに青弟の影が薄くなったという噂も…(爆)

>躊躇なく鉤手の餌食に
なんかもう、本当にうれしそうに人を殺しますよね(笑)
あの邪悪スマイルを見るためなら喉の一つや二つ、刈られてもいいという気に…はならないですが(笑)

>全然弟子っぽくないんだもんな
原作読んだらほんとに「勝手に一人で崋山行っちゃうもんね」って
師父を無視して師祖に会う計画を立ててるのに爆笑しました。この人最高です。
私は爺抜きなら承志、何守、護国真人様がお気に入りの3トップですね。

2008.03.10 (Mon) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

No title

>さらに青弟の影が薄くなった
それは言ってはいけないのでは(笑) しかし、原作でのあの場面の立ち直りの早さも笑いました。

>本当にうれしそうに人を殺しますよね(笑)
笑い事じゃないはずなんですけどね(爆)なんかほんとに承志の側についたってだけで、パーソナリティは一緒なんだもんなぁ。

>お気に入りの3トップ
確かに。私もそうなっちゃいますね。爺たちは別格として(笑)

2008.03.10 (Mon) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。