スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碧血剣/安剣清

 最初はそうでもなかったのだが、いつのまにか結構なお気に入りキャラになってしまった。

 皇帝直属の秘密警察兼親衛隊である錦衣衛の長官。第一集冒頭では、皇帝の命により、謀反の罪を着せられた袁崇煥の家族を惨殺した。袁承志もこの男の手にかかりそうになったところを、袁崇煥将軍の部下達の手によって助けられたのだった。そしてこの男は、穆人清の元で修業を積み、たくましい若者に成長した袁承志の前にも強敵として立ちはだかることになる。

 命令とあれば、人を殺すことに全くためらいを見せない冷酷な殺人マシーンとして登場したこの男は、しかし物語が進むにつれ、また違った一面も見せるようになった。実は彼の妻 安大娘と娘の安小慧は、反乱軍である闖王に協力する謀反人であった。かつては安大娘の父に弟子入りしていた安剣清は、錦衣衛となったことで対立し、妻の父親と兄を殺してしまっていたのだ。そのために安大娘からは激しく憎まれているわけだが、安剣清のほうでは今でも妻のことを想い、できることなら親子三人揃って、家族で仲良く暮らしたいと考えていた。彼が安大娘を追い回すのは憎いからではない、彼女が謀反人として処刑されるのをなんとか防ごうという想いからなのだ。冷酷に見えたこの男、家族に対する熱い思いを持ったお父さんだったのだ。

 そして、自らの職務に忠実で、誠実に任務をこなす実直さも持っている。だが悲しいかな、使える相手を完全に間違えてしまった。彼が使えた崇禎は、無駄に民や臣下を苦しめ、王朝の命運は尽きかけていた。そんな皇帝の命を”忠実に”こなしてしまえば、民のために闖王に協力している妻子との溝は深まるばかり……なんか、仕事に打ち込めば打ち込むほど家族との溝が深まるなんて、今のお父さんでもありそうだけど。

 そんな彼の生真面目な性格は、恵王謀反の時にも変わらなかった。王宮にいる他の部隊が恵王と彼を唆した曹化淳に寝返っている中、直属親衛隊長としての任務をつらぬく安剣清。
 そして、清を呼び込もうとしていた曹化淳たちを前にして、敵討ちよりも国家の大事を守ろうとした袁承志とのまさかの共闘をする。不倶戴天の敵であったこの二人が、強敵・玉真子相手に共同戦線を張る場面は、まさに中盤のクライマックスと言えよう。
 
 この人の戦闘スタイルは、軽功を駆使して相手の懐に飛び込み、ズバズバ剣を振るうという正統派の剣士タイプ。動きにキレがあって、これがかなりカッコいい。実は得物のバリエーションが多いこの作品の中では正統派剣士というのは少数派だったりする。袁承志の金蛇剣法も正統派とは言い難いし。

 玉真子との闘いで致命傷を負った安剣清は、袁承志に連れられて妻子の元に帰る。自らの過ちを認め、義父と義兄を手にかけたことを謝る安剣清の姿に、安大娘のわだかまりも溶けようやく家族が一つになることができたのだが、すべては遅かった。未来の娘婿である崔希敏に後を託し、安剣清は息を引き取ったのだった。
スポンサーサイト

Comment

Join me, Shoshi

>軽功を駆使して相手の懐に飛び込み
このドラマってスローモーションを使ったストップ&ゴーが結構頻繁に使われてましたが、
それがこの安剣清のスタイルにすごい合ってるんですよね。
こう、ピョーンとジャンプして止まって、そこから一気にドギューンと動いて突っ込むような。
あれが無茶苦茶格好良くて痺れました。
しかも、ちゃんと他の人と差別化されて、この人の殺陣でしかそういう演出を使ってないってのが
またなんとも「わかってるな~」と感じさせてくれます(笑)

>最期
なんか本当に、最期の最期まで愚直さは変わらず
「陛下に助命を認めてもらったぞ」ってこの人なりの精一杯の思いやりを見せていた所が泣けました。
(で、実際に崇禎が言った通りに妻には「でも自分のほうは崇禎を許さない」って言われてしまうところでまたそれを受けての表情が…)

2008.03.08 (Sat) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

I am your father

>あれが無茶苦茶格好良くて痺れました。
こう、アクション面でも魅力的に描かれているから、ドラマ部分も引き立つんですよね。やっぱり武侠物を見てる人はそこを期待してるわけですから。
ほんとに、殺陣に関してはこの作品、100点満点でした。

>この人なりの精一杯の思いやりを見せて
このやりとりも泣かせますよね。初登場のときには、この人の最期でこんなにしんみりするとは思ってませんでした。(エンディングのネタバレがあったとは言え(^^;)

2008.03.09 (Sun) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

No title

欲に目がくらんだ割には、彼、単なるいい夫で、いい父親なんですよね。
忠義心があるのに、仕えるところを間違えてしまった悲劇ですね。
主人公との関係は、敵同士として描かれていたけれど、
非常に魅力あるキャラですね。
金蛇郎君を抜いて、一押しになりそうです(笑)

2008.04.22 (Tue) | D #- | URL | Edit

ライバルキャラ

ほとんど無敵状態だった袁承志に対して、互角に戦えるライバルキャラとしても貴重でした。
最初は単純に仇役で強敵って感じだったんですけど、描き込まれることでどんどん魅力的になってきましたよね。
承志との共闘は本当に燃えました。私もこの人大好きです。

2008.04.22 (Tue) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。