スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碧血剣 第三十集

 うう、せめてあと五集くらい欲しいところだ(^^;


・袁承志
 強敵・玉真子相手に、金蛇の技で立ち向かう。それでも、剣と払子を駆使して襲ってくる玉真子には大苦戦。金蛇垂を使うことでようやく勝利することができた。ってなんですか、あの思いっきり反則な武器は(笑)
 こうやって、直接どかばきやってなんとなる相手ならばいいのだが、歴史というのはそうもいかなかった。闖王に謀反の疑いをかけられた義兄の李岩を助けることもできず、闖王軍が瓦解していくことを見ていることしか出来ない。
 金蛇営にゆく道を示すのがやっとで、とても自分では率いていくことはできないと、中原を離れて静に暮らすことを選んだのだった。
 中盤までの雰囲気に騙されてたけど、確かに史実を題材にとっている以上こういう結末は予測できたのだが、やはり少し淋しさはあるな。個人の武功がどれだけ高くても、それだけでは大きな歴史の流れには太刀打ちできない。ただ、穆師父の「良心に従うことだ」という言葉が救いになっていると思いたい。
 
・李岩
 李大哥やつれたな。ここまで裏切られてもなおも闖王のために生命までなげだそうとするところは、確かに袁崇煥将軍の姿と重なる。承志があれだけ懐いていたのって、もしかしたら、彼の中に父の影を感じていたからかもしれない。それだけに、彼の死が応えたんだろうな。

・阿九
 エンディングで思いきりネタバレしていたとはいえ、やはりこうなってしまうわけか。傷ついた彼女が救われる日はくるのだろうか。青竹翁が生き残ってくれたことが唯一の救い。彼女を頼みます。

・何惕守
 念願叶って、正式に華山派の弟子に。なんか、戦い終わった袁大哥を見てるところで、「もう用事はすんだんでしょ、さっさと紹介して許可をもらいなさいよ」と圧力をかけているように思えたのは私だけであろうか? 改めて考えると、この人が弟子になりたがった理由ってわかんないままだったりするのだが、まあいいか(笑)聞いたところで本心は教えてくれないだろうし。
 敵だった人間が味方になったりすると、急に人間が丸くなったりとかして、敵でいた時より毒気が抜けて魅力が薄れたりするものだが、この人は全くそんなことありませんでした。個性はまるっきりそのまんまで、単に敵から味方になっただけだもんなぁ。

・青弟
 えーっと。ラストで袁大哥とのツーショットで〆だったわけですが、なんか素直に祝福できない自分がいます(^^; 最初から最後までキャラが一貫していたというのは確かなんですが、あーっなんだ、この何惕守との好感度の違いは(^^;
 決して全然ダメな娘じゃなかったのというのが、もっとやりようがあったんじゃないか、と思わせるんだよな。
スポンサーサイト

Comment

おつかれさまでした

空飛んでる時は気持ち良かったんですが、
いざ飛行機が着陸をはじめたら滑走路ではなく岩肌に突っ込んで胴体着陸、って感じでした(^^;
原作はどうなっているのかはわかりませんが、
珍しくハッピーエンドではなく、かなりほろ苦い終わり方でしたね。
確かにあと五集、せめて二集くらいあれば
もうちょっといろいろきっちり描いた上で終われた感じはありますね(^^;
まあ、いちおうラストバトルが早いうちに終わって
その後の処理に結構長く尺を使ったというだけでも
金庸ドラマにしては異例なのかも知れませんが(^^;

>素直に祝福できない
なんだかんだで何守もちゃっかりと一緒について行ったというのが
まだ良かったと言えるでしょうか。
しかし「縛ろうとすればするほど相手の気持ちは離れていく」みたいなことを
改名する前の何鉄手からアドバイスされてましたけど、
あれも見事に右の耳から左の耳に抜けてたんですね…
あ、それとも、もしかして、そのアドバイスを受け入れた結論が
「離れることもできないくらいにがんじがらめに縛ってやる」ってことだったのか?(爆)

2008.03.06 (Thu) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

金庸作品って

緻密なストーリー構成で魅了するという感じてはないので、特に終盤の風呂敷を畳みにかかるところに色々としわ寄せがくる印象があるんですが、こういうほろ苦い結末だと余計にそれが目立っちゃうのかもしれません。

>何鉄手からアドバイス
 何気にこの人って、敵だったころから青弟のことは色々と助けてますよね。殺る気まんまんの叔母様からガードしていたりとか。青弟のほうもなんか最後は懐いてたみたいなので、彼女を良い方に変えてくれるといいんですが。……無理か(^^;

2008.03.06 (Thu) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

終了っ

>ラストで袁大哥とのツーショットで〆
<
袁大哥は、途中経過でさんざん致命的(?)な発言をしていた以上、当然ですね(冷)。
…良かったねぇ青青姑娘…と思ったのって少数派っ?!


>金蛇垂
>なんですか、あの思いっきり反則な武器は(笑)
<
いやまったく(^^;
アレがなかったら、玉真子様が勝ってたはず(^^;;;;
…それ以前の、金蛇剣のセカンドフォームもどうかと(爆
面白いから許すけど。

2008.08.03 (Sun) | 碧猫 #fYTKg7yE | URL | Edit

おー、見終わりましたか(^^)

>良かったねぇ青青姑娘…と思ったのって少数派っ?!
ええ、たぶん(笑)

>金蛇垂
それ、なんてファン○ルって感じでしたね(^^;

ところで、次は? 尋秦記あたりでしょうか(笑) 

2008.08.03 (Sun) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

えーっと、えーっと(^^;

>ところで、次は?
<
………(爆)
尋秦記、面白そうですね。ただ、うちゃさんの詳細なレビューの記憶が新しかったり(^^;
金庸作品で、碧血剣並みの(笑)お薦めってあります?

…ちなみに、射のボックスが我が家に転がっているのは内緒です(<何がどう内緒なんだ(^^;;;;

2008.08.04 (Mon) | 碧猫 #fYTKg7yE | URL | Edit

うーむ

金庸作品だと、見てるのはあと連城訣と神雕侠侶なんですよね。どっちも微妙だな~。血刀老祖様目当てで連城訣とかは? 

2008.08.04 (Mon) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

No title

 見た。面白かった。
 28,29話あたりで「これ尺だいじょうぶなんかおい」と思っていたせいで、むしろ予想していたよりはるかにキチンとおわった感じを受けました。むしろ「最初と最後がハイペースなあたりがアア歴史ものだなあ」という好感すらあります。
 そらそうと最終必殺技には皆さん同様がくぜんとしました。盟主あなた慣性とか重力定数とかご存知ですか。

2008.08.30 (Sat) | くま(仮) #- | URL | Edit

No title

くま(仮)さん
 このドラマ版の碧血剣は原作小説と比べても面白かったと思います。毎回ちゃんと見せ場があって、途中でだれるということが無かったし。これで少年編をやってくれて、穆師父の出番がもう少し多かったら完璧(笑)

>盟主あなた慣性とか重力定数とかご存知ですか。
(^^;

2008.08.30 (Sat) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。