スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碧血剣 第二十五集

 嵐のような一夜が明けて、新展開。

前回の衝撃を、それぞれのキャラクターが受けとめて整理するような回だった。

・袁承志
 ついに父の仇である崇禎と対峙するも、結局その場で仇を討つことを断念する。自分の判断が間違っているとは思ってないが、それでも崇禎を助けたことについては、内心もやもやするところもあった模様。だけど孫おじさんに報告したことで、気持ちの整理はついたみたいだ。こういうときに話を聞いてくれる年長キャラがいてくれることが有り難い。
 そして深手を負った安剣清を安大娘親子のもとにつれていってやったり、教主の座を追われ、毒を受けた何鉄手を助けてやったりと、なんかこの人は本当に文句の付けようがないな。

・青弟
 袁大哥が文句のつけようがない人であることのバランスをとるかのように、ちょこっとマズイ発言を繰り返す青弟。とりあえず羅の兄さんとくっつくことになった焦苑児との仲は修復したものの、今度はターゲットを何鉄手に変えて、悋気発動中である。もっとも、何鉄手の方は、そんな青弟をそれほどは嫌ってないみたいだけどね。
 もうこの終盤にきてもこの性格なんだから、最後まで変わらないことだろう(^^;

・崇禎
 最後まで、後悔していたという言葉はあっても、謝罪や袁崇煥の名誉を回復するという言葉はなかった。この人のいちばん悪いところは、こうやって責任をとらないところなんじゃないだろうか。自分は一所懸命やっている、愚かな臣下がいけないんだ、忠臣だと思ったのに……、これでは皇帝としてはダメだろう。確かに悪人ではないのかもしれないが……

・安剣清
 玉真子と戦いで致命傷を受けていたようで、袁承志に家族の元に連れてきてもらったものの、お亡くなりになってしまった。最期になってようやく本来の望み通りに家族がひとつにまとまったのだが、全ては遅すぎたのであった。以前に安剣清についてはManboさんのところで、某暗黒卿を彷彿とさせるなんて話もしていたのだが、娘婿となる崔希敏に「私のように妻を捨てるような男になるな」なんて言い残すとは。やっぱりダース・べー(ry

・何鉄手
 一応、全ての決断は五毒教の行く末を考えてのことではあったのだが、あまりにも周囲への説明が不足していたということか。とうとう教主の座を追われることになってしまった。あの場で金蛇を使われなければ、何紅薬と斉雲璈の二人相手でも勝てたようなかんじだから、結局は力で押さえつけてきたつけが廻ってきたんだろうな。確かに、袁承志に興味を持っていたのは確かだろうが、女として惹かれていたかというと、それは違うんじゃないかと思う。
 まあ、これからはフリーになったので、遠慮なくアタックしてきそうだが(笑)

・焦苑児
 袁承志への思いを振り切るために、羅の兄さんと結婚することに。それでも何鉄手相手に打ち明けたように、完全には諦めきれていないようだけどね。どっちかというと青弟がいちいちつっかかってくるのがウザかっ(ry

スポンサーサイト

Comment

今回は

めずらしくキリのいいところで終わりましたね(笑)

>こういうときに話を聞いてくれる年長キャラがいてくれることが有り難い
孫叔叔といい、青竹爺といい、袁大哥は年配の方々にもモテモテですね(笑)
青竹爺といえば、袁大哥は名前は出していない(原語の台詞では「她(彼女)」としか言ってない)けど
ちゃんと胸のうちを読んで話が通じているのもなかなかポイントでした。

>安剣清
あとは満天の星空の下、積み上げた薪の上で遺体を燃やすシーンがあれば文句なしですね。
(って、それってすでに温儀ママの場面でやってたか。)

2008.03.04 (Tue) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

No title

>年配の方々にもモテモテ
すごく素直に懐いてくれるんで、可愛いんでしょうね。まあ老猿と道長に育てられてるんですから、このあたりは納得というか(笑)

>積み上げた薪の上で遺体を燃やすシーン
そしてエンディングでは、袁崇煥と一緒に魂の姿で一行を見守るわけですな(笑)

2008.03.04 (Tue) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。