スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碧血剣 第二十一集

 気がつけば、残り十話

・袁承志
 何鉄手からも恵王からもアプローチを受けてモテモテの袁大哥(違)片方は金蛇郎君の、もう片方は袁崇煥将軍の縁に繋がる人たちというのが面白い。よくも悪くも袁大哥の運命ってこの二人に深く係わっちゃってるんだ。今までの江湖の仲間達とは違い、互いに利用しあう、打算で付き合う同盟を結ぶことになるわけだが、これはどっちに転ぶんだろうか。なんか、ラストであからさまに信用できそうにない連中と同席するハメになってるんだが(^^;

・何鉄手
 策略を巡らせている時も充分くせ者っぽいんだが、それより戦っている時の狂気がすげえ。あの思いっきり不利な状況を楽しんでる様にしか見えないというのが恐ろしい。例の陶酔の表情も見せたし、やっぱどっかこわれてるよこの人。これが策略家の顔に戻ると、むやみに戦おうとはしないんだよな。
 玉真子vs袁大哥のときにも思ったけれど、下っ端を手駒として陣を組ませるのって、達人相手でもかなり効果的なんだな。あの腕を組んでぐるぐる廻る陣があんなにおっかないとは思わなかった。

・恵王
 袁大哥にお父さんのことでは調子のいいことを言っているものの、青弟がさらわれたことについては空とぼけているあたり、やはり信用するには問題あり過ぎ。とはいえ、青竹翁のフォローもあって、袁大哥も心を許しているわけではないのであった。しかし、あの袁崇煥への賛辞はどの程度まで本気だったんだろう。案外本音を言っていた可能性もあるよな。

・焦苑児
 なんだか、青弟がいない間、おおっぴらに袁大哥にアプローチをかけているが、羅兄さんの立場は(^^; 実はかなり無茶な行動も取っているのだが、結果としては大手柄、五毒教の連中が恵王のところにいることを突き止めた。さすがに幇主の娘だけあって、見た目どおりのお嬢さんというわけでもない。……青弟より役に立っているなんて言ってはいかんのだろうな、やっぱり(^^;
スポンサーサイト

Comment

No title

青弟については、手引きした魏濤声は知ってても、
恵王は本当に知らなかったのかもという気はしますが…どうなんでしょう。
まあ、同じ屋敷の中でのことなので、当然関知してるだろうと考えるのが自然かも知れませんが(^^;
でも今回はなぜか袁大哥のほうがだいぶ黒く見えました(^^;
まあ周りからあちこちそういう妙な申し出が来るような状況なので、
警戒心が強まるのも当然といえば当然なのか。

2008.03.03 (Mon) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

No title

>袁大哥のほうがだいぶ黒く見えました
Manboさんのおっしゃるとおり、だいぶ江湖に染まってきた、というのもあるのでしょうね(^^;
あと、盛京で一回、完全敗北を味わっているので、その分慎重になっているというのもあるかもしれません。

2008.03.03 (Mon) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。