スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碧血剣 第十八集

 新展開にむけて助走の回かな。しかし、相変わらずの強烈な引きである。

・袁承志
 強敵・玉真子を倒す絶好の機会も、あんな恥ずかしい格好(笑)でやられたんじゃ可哀想だからと逃がしてやる人のよさ。まあ、こういうところが魅力なんだが。暗殺ターゲットだったホンタイジは弟のドルゴンに殺されてしまい、なんとなく不完全燃焼のまま盛京編は終了し、北京に戻って青竹翁たちと合流。反乱軍のはずなのに、なぜか首都で堂々と屋敷に住んでまったりすごすというのは大胆というか、呑気というか(^^;
 どうやら北京にやってきている五毒教と接触したようす。しばらくはこちら関係で話が進むらしい。

・青弟
 あいかわらず、みさかいのない(というか、あんなもの真に受けるか?)焼きもちから、たちの悪いいたずらをしたりと、いつのも青弟であった(笑)しかし今回はそれがいい方に転がって、なかなか表に出てこなかった単鉄生をいぶりだした。いやー、しかし、あの悪ふざけは実に楽しそうであった。袁大哥と一緒にいるおかげでそう酷いことになってないけれど、基本的に倫理観がどっか行っちゃってることには変わりがないわけね(^^;

・阿九
 ついに崇禎と対面。だけど、もう娘の言うことも耳に入らない父の姿に絶望するのであった。このまま宮廷に留まっても何も出来そうにないのだが、いったん戻っちゃうと中々外には出られないんだろうな。なんだかんだと、戻るのを先延ばしにしていたのもわかる。本当は袁大哥たちと合流したいんだろうが。

・玉真子
 前回登場時の格好良さはいったいどこに(笑) 今回はすっかりいいとこ無しのうえ、後ろ盾の皇帝までお亡くなりになってしまった。次回登場時が楽しみである、いや、ほんとに(笑)

・単鉄生
 捕手って警察官みたいなもの? 朝廷の銀が盗まれる事件が続発しているからと、袁大哥に助けを求めようとした人。最初は名前を出さずに贈り物を届けたりと、奥ゆかしすぎるアプローチをしたため、青弟におかしな誤解を受けて、散々な目に遭う。しょうがないので直接頼みにいったら、役人の手伝いはいやだと断れる。そんなに悪人には見えないので、ちょっと可哀想である。

・青竹翁
 因縁つけられて困っている人を助けようとするが、実はそれは罠だった。おじいちゃん逃げてー。相手はどうやら五毒教のようだ。ってか、毒手を喰らっちゃったんですが、大丈夫でしょうか? 金蛇の手先と言われていたけれど、五毒教と金蛇郎君との間にいったいなにが? とか、そういうことなら、とばっちりじゃないか? とか、めちゃめちゃ気になるところで引きとなった。ディスクが代わるところでこれだよ(^^;

スポンサーサイト

Comment

No title

>玉真子
腰ミノ状態で陛下のところに駆け込んで
兵士たちから思いっきり不審人物扱いされてるのに爆笑しました。
このディスク一枚目がこのお方の絵だったのに激しく納得(笑)

>ディスクが代わるところでこれだよ
まともにレンタルしていたらどうなっていたかと想像すると青くなりますね(^^;

2008.03.02 (Sun) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

No title

>兵士たちから思いっきり不審人物扱い
これで、実力的にはトップレベルというのがまた、目茶苦茶可笑しいですよね。

>このディスク一枚目がこのお方の絵だったのに激しく納得
一応その巻で活躍する人が絵になってますよね。青弟の時は例外として(^^;


2008.03.02 (Sun) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。