スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碧血剣 第十六集

 待っていたBOX2も届き、これでようやく生殺しから抜けられる(笑)というわけで、視聴を再開しました。DVD1巻ずつ感想を書いていると、あっとゆーまに見終わってしまいそうなので(^^; 1集ごとに書いていくことにします(笑)何気に凄い勢いでストーリーが進んでいる。

・袁承志
 とうとう阿九が明のお姫さまであることを知ってしまう。しかし、だからといって安剣清と闘っている最中だというのに、思わず”ポカーン”となってしまうのはさすがにどうかと(笑) まあ、相手にしても姫と承志が知り合いだったというのが意外だったらしいく、しばらく自失していたので、なんとか事無きを得た。その後は、皇帝が闖王攻撃の為に用意した西洋の大砲を奪うというミッションを軽くこなし、今度は清国皇帝暗殺に向かうという、何かと忙しい袁大哥であった。今回、彼自身が派手に戦うシーンが少なかったのだが、西洋人相手に格の違いを見せつけたりしてました。まあ、青弟にもかなわなかった奴だったんで、始めから相手にもならんわけですが。

・青弟
 そんな袁大哥と阿九との間の空気を感じ取ったのか、別行動を取ろうとする袁大哥に強引についていったり、西洋女を見てたと言って嫉妬したり、あげくにトラブル起してパーティを危機にさらしたりと、相変わらずの青弟であった(^^; なんか周りからもすっかりそういうキャラと認識されているのか、「しょうがないな、こいつは」という感じで扱われてるぞ。しかし、袁大哥に二回もパーティーから外されそうになってるって、さすがにウザいと思われて始めてるんじゃ……。

・阿九
 あの場面で、思わず「やめて」と叫んじゃったけど、あのあと大丈夫だったんだろうか?とちょっと心配になった。いろいろあったものの、ようやく王宮に戻った阿九。袁大哥を思って絵なんか描いているけれど、父親との対決は近いのか。なんとなく娘の言うことなど聞きそうにない雰囲気があるのだが、はたして。

・青竹翁
 阿九を弟子にしていたいきさつが明らかになった。そうか、皇帝は憎んでいたけど皇后には恩を感じてたわけね。で、特殊な事情から阿九は彼の元で育っていたと。なるほど、あれだけ仲がいいのも納得である。

・胡桂南
 今回かなり活躍したおかげで、袁大哥と一緒に清の皇帝暗殺班となった。やっぱり盗賊のスキルがあるとなにかと便利ということなんだろう。

・西洋の人たち
 闖王攻撃のための大砲を運んできた人たち。頭の悪そうな隊長さん(レイモンド)と、慎重そうなその部下(ピーター)、そしてピーターの恋人ジャクリーヌの三人。隊長さんがすげえ馬鹿で、輸送任務中のはずなのに部下の恋人に横恋慕して決闘騒ぎまで起したりとかしてた。この人はなんかいいとこ全然ないまま袁大哥一行に襲われてお亡くなりに。で、隊長さんがいなくなったら丸く収まってしまった(^^; 一瞬ピーターくんまで仲間になってしまうのではないかと思ったのは内緒だ(^^;

スポンサーサイト

Comment

後半戦きましたな

>なんか周りからもすっかりそういうキャラと認識されているのか
されてますね(笑)
かなりとんでもないことやってるはずなのに、誰もそれに対してまじめに怒ってないあたり
完全に子供扱いなのかな(^^;

2008.02.29 (Fri) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

久しぶりに見た

青弟はやっぱり青弟だったなあ(笑)
>完全に子供扱いなのかな(^^;
なんかそんな感じですね。

2008.03.01 (Sat) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。