スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謝ることで得られる誇りもある

 もう既に旧聞になってしまったのであるが、オーストラリア政府が先住民に対して公式に謝罪を行なったというニュースを知った。率直に言って羨ましい。彼らは己れの暗部から目をそらすことなく向き合い、誠実に相手に謝罪する道を選んだのだ。
 もちろん、簡単に実現したわけではないだろうし、今でも納得できていない人というのもいるというのは、こちらのエントリーからも伺える。だとしても、謝罪を公約に上げた政権を国民が支持したことには代わりが無いわけだ。そしてこちらのエントリーを見れば、謝罪によって得られる誇りもあると信じられる。彼らは自分たちの手で成し遂げたんだ。
 
 自虐史観などと名付けて、自国の暗部から目をそらし続けることで手に入る、安っぽい誇りを与えられて、満足してる連中には縁のないものだろうな。
 まあ、これで少なくともオーストラリアから慰安婦謝罪要求決議とか喰らったら、いつもの手段である道徳的相殺は使えないよね。「俺達はちゃんと謝罪したぜ」と言われておしまい。
スポンサーサイト

Comment

はぁ~

「日本は間違えたことなんかないんだーっ!!」
「立派な国なんだーっ!!」
っていう人と
「知らない男に軽率についていった女も悪いんだーっ!!」
という人が重なっているような気がするのは、気のせいですよね?
間違えを犯したことのない立派な国の、立派な国民が、自らの非によって犯罪被害に遭うわけないもの。

なんか、次々と来るんですよねぇ。
サンプルに一つ残しておいたけけど、次から削除だな。
オリジナリティがないから、複数残しておいても意味がない。

2008.02.24 (Sun) | gegenga #Tk1SCyj2 | URL | Edit

謝るぐらいでどうにかなるなんて、安っぽい誇りだこと

埃じゃなくて? をーっほっほっほ。
というのはかねがね思っていました。

>「日本は間違えたことなんかないんだーっ!!」
>「知らない男に軽率についていった女も悪いんだーっ!!」
>という人が重なっているような気がする

するする^^
コメントの人では解りませんが、ブロガーならほぼ確実に。

で、知らない人のコメントを受け付けるなんて、いつ炎上させられるかも解らない事はしちゃいけませんよね。そういう人は、さくさく削除を言論封殺だとか、仲良しのなれ合い、なんてまさか言い出しませんよね。
(非常識でえげつない注意事項を掲げたうちにはさすがに来ないけど)

2008.02.24 (Sun) | 碧猫 #fYTKg7yE | URL | Edit

たぶん自信が無いんでしょうね

師匠んところ、なんかまた来てますねぇ。どうしてこう、××のひとつ覚えみたいなコメントしか書いてこないんだか。いいかげん飽きてきます。

あの安っぽさはいったいなんだろう? きっと何かが小さいんでしょうね(^^;

2008.02.24 (Sun) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

ついうっかり思い出してしまいましたが

>オーストラリアから慰安婦謝罪要求決議とか喰らったら、いつもの手段である道徳的相殺は使えないよね。「俺達はちゃんと謝罪したぜ」と言われておしまい。
<
1998年に先住民族への虐待に対して公式謝罪をしている(http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-368.html)カナダが、2007年11月28日に「慰安婦」謝罪要求動議を下院で公式採択してる(http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-322.html)んですけどー。

…やっぱ、何が何でも、自爆史観の方々の耳には「キコエナーイ」?

2008.02.26 (Tue) | 碧猫 #fYTKg7yE | URL | Edit

そこまで馬鹿とは

思ってなかった(大嘘)

>何が何でも、自爆史観の方々の耳には「キコエナーイ」?

なんだかなぁ。そういや、カナダの非難決議案にも、道徳的相殺をやろうとした国会議員がいましたっけ。
http://d.hatena.ne.jp/hagakurekakugo/20071202
>(5)カナダさんダブルスタンダードはダメですよ

うわぁ、恥ずかしい。これ放送されたんだよな。

2008.02.27 (Wed) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.03.08 (Sat) | # | | Edit

Post comment

Secret

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まあ、産経さんには珍しく 「楽しく学ぼう」という提案かしら? と思って、読んでみたら。 【主張】「日本史」必修 歴史が好きになる教育を 日本史必修でもっとも懸念されるのは指導内容だ。近現代史を中心に、ことさら日本を悪者にする自虐史観や教師が歴史観を押...

2008.02.24 (Sun) | かめ?

昨日の記事、碧猫さんに過分にご紹介をいただきありがとうございました。 つづきは、NYTimesでもご紹介を。 Removing the Stain on Australias Soul - The Board - Editorials - Opinion - New York Times Blog オーストラリアのラッド首相は、さっそくアボリジニの子供たち

2008.02.26 (Tue) | おこじょの日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。