スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑傲江湖 人物伝/莫大先生

 チャンネルNECOの再放送を見ていて、この方のことを書くことを忘れていたのに気がついた。なんてこった!

 五嶽剣派のうちの一つ、南嶽衡山派の掌門。風が吹けばポキリと折れてしまいそうな痩身で枯れた雰囲気のあるおじいちゃんなのだが、ひとたび動けば電光石火! 胡弓に仕込んだ剣でなんでも一刀両断という達人である。

 江湖の噂では、弟弟子の劉正風の方が武術は上と言われているらしいが、おそらくそれは、あまりにも枯れたその姿を侮った人たちが流したものではないだろうか? それくらい、この方の強さは鮮烈であった。
 そして、それだけの強さを持ちながら幼い者や力の弱い女性に対してはとても優しい御方。また、胡弓を持つことからも師弟同様、音楽に造詣が深かったことも伺える。
 その反面、弱い者を痛めつける悪人に対しては非常に厳しい。曲洋の孫娘である姻菲を惨殺した嵩山派・費彬を、すれ違いざまの一瞬で切り捨て「幼子を殺める者は死すべし」の一言を残して去って行った。姻菲は本来なら敵対する魔教の娘。だが莫大先生にとっては、幼い者に手をかけた費彬の方が許せなかったのだろう。この費彬はそれまでも正派とは名ばかりの外道なことをやっていたので、当然の報いである。

 劉正風亡き後の衡山派は、実質この莫大先生1人だけとなり、事実上消滅してしまうのだが、師父丘不羣を含め、正派全体から外れもの扱いされていた令狐冲を助けたりしたのもこの方であった。聖姑が少林寺にとらわれていることを知り、彼女を助けに向かうように令狐冲を説得したのである。やっぱり女性には優しいらしい。そして令狐冲が後に恒山派掌門となったときに五嶽剣派の中ではただ1人、お祝いのメッセージを送ってきたりもしてくれた。

 だが、その優しさがあだになってしまうこともあった。五嶽合併の時、岳霊珊との試合で、勝負がついたと見て寸止めしたところ、逆に霊珊に刺突されてしまう。莫大先生の実力から見れば、明らかに格下の彼女に対して手心を加えていたのだが。それでも鷹揚に勝ちを譲ってあげるところが莫大先生らしい。

 もう少しこの御方の活躍を見たかったところであるが、最後まで生き残っていることだし、門派のしがらみから解放された莫大先生は、きっと江湖で弱い者のためにその剣を振るっているのだろう。

スポンサーサイト

Comment

No title

昨日の放送を見ていて笑傲江湖(天地作合)を演奏しているときの劉正風と曲洋が輝いて見えたので、「じいさんと丸顔のおっさんがステキに見えるとは・・・ものがたり力恐るべし!!」と思ったのでした。
あれもいい曲っすね。

莫大先生は恒山派も送ってくれたしやっぱ大侠ですのー。女子に甘い(笑

2008.01.19 (Sat) | DoX #CjlWd7YA | URL | Edit

No title

笑傲江湖の登場人物中の素敵爺率の高さは
今考えてもやっぱり非凡なものがありますね。
惜しむらくは、それぞれの見せ場が散発的過ぎて
品数こそ豊富だったものの、全体的に食い足りない感じが否めなかったという点でしょうか…

2008.01.19 (Sat) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

No title

Doxさん
 ほんとうにいい顔しますよね、あの二人。音楽を通じての友情なんて完全に私好みです。もちろん先週からの流れもあるわけですが。
 莫大先生、優しいけど、それをあんまり前面に出さない奥ゆかしさがステキです(笑)

2008.01.20 (Sun) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

No title

Manboさん
 曲長老といい、緑竹翁といい、極め付けの風清揚大前輩といい、ステキ爺のオンパレードと言う感じですからね。これがそろいもそろって強いし(笑)

>惜しむらくは、それぞれの見せ場が散発的過ぎて
 そうなんですよね。主人公達を差し置いて美味しい場面をかっさらって行くとか物語の流れを変えてしまう、というところまでは行かなくて。曲長老の劉正風救出くらいでしょうか。
 

2008.01.20 (Sun) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 あまり………どころか、全然、自慢にならないことだが、人の顔を見分けるのが苦手だ。就いている仕事がそういうものなので、年に1回か2回、...

2008.12.07 (Sun) | Gazing at the Celestial Blue

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。