スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断仇谷 第二十五集~第二十八集

 いよいよ大詰め、これまで積み重ねられて来たものが、ここにきて大きく動き出す!


・石大哥
 相変わらず厳しい状況の続く仲、ようやく小璇たち母娘と三人でささやかな幸せをつかみかけたまさにその時に、実は白母娘の父の仇だったという過去が明らかにされてしまう。これには別の真相があるんだけど、石大哥はそのことを知らない。そのため、自分が殺したと思い込んでおり、贖罪のため刑死を受け入れようとするんだが、間一髪のところでお嬢に助けられる。妙に達観しているところがあるから、すぐに死にたっがちゃいそうで怖かったんだけど、お嬢に説得されてそれは回避できた模様。海令山の背景に徐々に気がつきながら、数少なくなった主人公側勢力の要として行動するが、不利な状況は否めないところ、相変わらず苦労しております。

・小璇
 後半はこれまで大きな動きが無かった小璇だけど、ここにきて大嵐が。彼女にとってつらいのが、単純に石大哥を信じていればいいって言う状況じゃないんだよね。彼自身が彼女のお父さんを殺したと思っている以上、彼のことを信じてしまえば、石大哥が父の仇であるということも受け入れなくちゃならないわけで。かといって、石大哥自身の誠実さを疑うこともできず……これはつらいよね。さらにたった一人で馬大夫の元に取り残されると言うこれ以上ない試練にさらされています。

・有為
 現在の自分自身の力ではどうにも出来ないことがあると知り、役人になるために和平鎮を旅立つ。考えて見れば、彼もお嬢と同じように、ここでいったん過去とは決別しているわけだ。ほんのちょっと前までは、決別することなど考えられもしなかった二人が、まるっきり違う道を進もうとしているわけだが、お互い目指す理想は一緒のはず。はたしてこの二人が絆を取り戻すことが出来るのか。
 二十八集で戻ってきた有為は、以前とはまるで違って見えるわけだが、はたして?

・お嬢
 まさかの山賊家業復活は、お尋ね者となってしまった今となっては仕方ないのか。だが相変わらずの武功の強さや聡明さの健在ぶりを見せてくれたことで、厳しいながらも、物語全体にただよっていた鬱々とした雰囲気は多少緩和している。やっぱり貴重なキャラクターだな。実は山賊家業になってからも、人殺しは控えている模様。年大夫を襲ったときも「殺せ!」と命じながら殺してないようだし。

・方パパ
 とうとう最後の癒し系親父キャラにも退場の時が(;_;) とは言っても死んでしまうわけではないのが救いである。これでとうとう主人公達には安心して帰る場所もなくなってしまったわけだ。
 やはり住み慣れた和平鎮を去るに当たって、感慨深げに振り返る姿が涙を誘う。あの方ママ健在のころの方家の暖かい雰囲気は、見ているこちらにとっても懐かしいものなんだよね。 

・海令山
 ついにベールを脱ぎ捨て、ラスボスとしての正体をあらわにした海令山。そのあまりにも圧倒的な実力は、現在の断仇谷谷主など寄せ付けもしなかった。武功レベルだけでなく、知力でも勢力でも、圧倒的な敵として主人公達に立ちはだかる。さぁ、盛り上がってきました!
スポンサーサイト

Comment

No title

二十四集でこれ以上ないほどどん底に叩き落されて、ここからようやく希望が見えてくる感じですね。

>単純に石大哥を信じていればいいって言う状況じゃない
これは確かにきついですよねえ。この場合は石大哥のほうが自分がやったと信じて…

って、いま気付いたんですけどこれって「視聴者は知っている事実について、劇中の人物が知らないままそれについて悩む」という結構武侠ドラマではいくつかあるお約束パターンのひとつなんですよね。(いや、あくまで一般論で、特定のドラマを揶揄しているつもりはありませんが(爆))
でもこの場合、決して「もうそんなくだらんことでウダウダ悩んでないでどうせわかりきってることなんだからとっとと話を先へ進めろ」とはならずに、いちいち劇中人物に共感してやきもきしてしまうという… ハテ、この違いは一体…(え? いえ、あくまで一般論ですが…)

>「殺せ!」と命じながら
あー、これは訳の問題ですね。
「殺(シャ)~!」って文字の通り殺せという意味で使う場合もありますけど、「かかれ!」とか「いけ!」「やっちまえ!」みたいな掛け声(鬨の声)全般として使われるのが普通なんですよ。
丁冠南軍団と戦った時は相手がかたぎではない&自分たちが追われる側ってことで容赦してなかったみたいですが、かたぎの人相手には不殺を徹底していたという理解でいいみたいです。

2007.12.31 (Mon) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

私も書いていて気がついてました(笑)

>「視聴者は知っている事実について、劇中の人物が知らないままそれについて悩む」
そうなんですよね(爆)お約束は大事だけれど、一歩間違えると大変なことになるという(笑)
それにしても不思議ですよね~(^^;

>訳の問題
ああ、なるほど。このあたりの、中国語のニュアンスも分かると、もっと見てて楽しくなりそうですね。

2007.12.31 (Mon) | うちゃ #- | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。