スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断仇谷 第五集~第八集

 武侠名物、ステキ親父祭りがやって参りました(笑) 

・万伯龍
 断仇谷の谷主。貫録も実力も人望も、さすが断仇谷のナンバー1と素直に納得できる人物。第四集であの石浩天を上回る実力の持ち主であることが分かる(そして、その上さらに修業してる!)のだが、今回も一瞬で見せ場をかっさらって行ったりとおいしいとこ取りしている御方。
 このくらいの達人になっちゃうとむやみに争ったりしないんだよね。悩みの種は実の息子が、己れの器量に似合わぬ野心を抱いていることか。知っていながら、なかなか思い切った手が打てないのは、これだけの人物であっても情に判断を狂わされているということなのだろうか。

・王震岳(王パパ)
 こちらは山賊、黒風砦の塞主。万伯龍と同じく、貫録、実力、人望を兼ね備えた大人物。だけど娘には甘いパパなのはお約束か(笑) この人も、石浩天をあっさり手玉に取って見せたり、万伯龍と対峙してもまったく見劣りしない貫録を見せたりと、スーパー親父ぶりを見せつけてくれる。
 こういう、ずっと修業を続けてきた親父というのは問答無用に強い、という感じは大好きである。こっちの不穏分子である羅二虎のことは、やっぱり情がじゃまをしてバッサリ切れないんだよね。娘が断仇谷に殴り込みに行った(違)おかげで、断仇谷と縁が生じているのだが、お互いの不穏分子同士が変に結託したりしないかちょっと心配である。

・石浩天(石大哥)
 前回までの完璧超人から、だいぶ人間的な部分も描かれるようになってきた石大哥。スーパー親父二人の実力には及ばないものの、まだまだその武功は他の登場人物に比べて抜きん出ている。ちょっと不意打ち食らったくらいじゃ、全然へっちゃらなんだよな、この人は。
 今回は策にはまって窮地に追い込まれてハラハラさせるが、白璇の助けを借りて復活。頼りになる兄貴としての貫録を取り戻す。この過程での白璇との交流もまた、この人の血の通った人間らしい魅力を引き出すことに成功している。

・白璇(小璇)
 多少の後ろめたさを感じながらも、自分の保身第一に考えていたこの娘が、石大哥と触れ合うことで、他人のためにがんばる姿はやっぱり感動的。人の気持ちが分かる娘だから、親切にしてくれている方家の人たちと自分の気持ちとの間で板挟みになっちゃうわけだよね。初登場の時とはだいぶ印象が変わっているけど、ちゃんと納得できるだけの描かれ方をしているから違和感は無い。

・王英姑(お嬢)
 お嬢はもう、高値安定という感じか(笑) 方有為の気持ちが小璇にあると知りながら、彼のためにとかなり思い切った行動を取る。そのときの颯爽とした姿と、届かない思いに悩んでいるところのギャップがまた良い。しかし、まだ小璇の顔も知らないうちから、有為の思い人だからと、いきなり断仇谷に潜り込んで救出作戦を展開するなんて、思い切りが良いにもほどがある(笑) このときの髭を付けた男装が結構凛々しくて似合っていた。

・方家の方々
 小璇たちが陳家のお嬢さんを騙っていたことなんか、全く気にしていない方家の人たちが凄い(笑) 恩人のためなら惜しくないと、家宝の朝鮮人参を気前よくあげてしまうところなんか、ただのお人よしで片づけられるものではありません。そのニコニコ顔は見ているこっちまで幸せな気分にさせてしまう。

・方有為(若旦那)
 いつでもまっすぐな若旦那。騙されていたと知っても小璇への気持ちは変わらないし、彼女のためならと献身的に尽くす。とても良い奴なんだけど、もうちょっと他人の気持ちに気付けるようになって欲しいところ。小璇の板挟みと、お嬢の空回りって
言ってしまえばこの人のせいではあるんだよな。
 石大哥と義兄弟になって、武術を教えてもらうことに。今はまだ弱いとは言え、名前無しキャラ相手であれば善戦できるんだから、素質は良いんだろうなやっぱり。
 このドラマ、言葉じゃなくてアクションで登場人物のだいたいの強さが分かると言うのも良いところだ。
スポンサーサイト

Comment

No title

お嬢って基本的にはかなり頭の回転は早い娘なんですけど、ヘソ曲げたりとか苛立って紙ビリビリに引き裂いたりとか、妙に子供っぽいところもあるんですよね。そこがまた可愛くて良いです。

>まだ小璇の顔も知らないうちから、
>いきなり断仇谷に潜り込んで救出作戦を展開
そういえば考えてみたらそうでしたね。中に入ってからちゃんと確認してましたっけ。
こういう描写も、「そこまでの時点で、どのキャラクターとどのキャラクターが面識があるか」をちゃんと脚本が管理できていればこそですね。(な、なぜか意識していないのに、あてつけがましい表現になってしまう…@@)

>男装
そういえば、こういう風に帽子かぶってるとなんとなく男装がちゃんと男装に見える感じがしますね。時代背景的なものもあるとはいえ、「髪の毛を上に結ってると男装」というよりはちゃんと男っぽく見える気がします。

>初登場の時とはだいぶ印象が変わっている
小璇はちょうど微妙な年頃ってこともあって、いわゆる小娘→女へと変化を遂げる段階という感じなんでしょうね。まさに恋をすると女性は変わるといいますか(笑)

>有為
このお方の他人の気持ちへの鈍さって、性格的なものもあるとは思うんですがおっとりしたご両親を見ると結構遺伝によるところもありそうな気がします(笑)

>アクションで登場人物のだいたいの強さが分かる
そうそう、これはありますよね。直接戦ったりはしていなくても、それまでの演出や動きを見るとだいたい
石大哥≧野狼≧お嬢>有為
みたいな感じはわかっちゃうんですよね~。

2007.12.29 (Sat) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

No title

>妙に子供っぽいところもある
やっぱり、可愛がられて育ったんだろうな、って感じしますよね。

>「髪の毛を上に結ってると男装」というよりはちゃんと男っぽく見える
そうですね、あれなら女だとバレないというのも、そんなに無理はないかも。

>このお方の他人の気持ちへの鈍さって、
>結構遺伝によるところもありそう
あはは、確かに(笑)

2007.12.29 (Sat) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。