スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大旗英雄伝 第三十九話

 ラスト三話になっても、いまだ狭い江湖であった(^^; そりゃ、これだけエンカウント率が高かったら、中原にいたら危ないわ(^^;

 五福を連れて戻ってきた雲錚と鉄中棠に、怒りをあらわにする筋肉バカ掌門。事態をまるっきり把握していない。毒神が現われたと言う話にも耳を貸さず、とにかく五福との怨恨の決着をつけるほうが先だの一点張り。ついに霹靂火と海大小が切れて、怒り出すが、そこに都合よく毒神とそん毒大師が登場する。とにかくこの場は多少なりとも毒神の相手が出来る中棠と雲錚が時間を稼ぎ、他のメンバーに関しては急いで逃げ出すことになった。皆を逃がしながら、しんがりについて毒神の攻撃を受け止め、そのまま中棠達と一緒に残る霹靂火がなかなか良い! へたれ揃いの五福の中でも、この人だけは別だね。
 苦戦する雲錚と鉄中棠を助けるために、鉄漢が毒神に攻撃する。だが、毒神にやられ毒が回ってしまう。死を覚悟してそのまま毒神を押さえ、中棠達に逃げろと促す鉄漢に後ろ髪を引かれながらも、霹靂火と雲錚・鉄中棠は脱出に成功した。

 大旗門が襲われ、鉄漢が死んでしまったことで、ようやく頭の固い筋肉バカ掌門も、皆で手を組んで毒神と戦うことを決意する。……しかし、「戦いの準備だ」と言っているが、君たちがやってることは「逃げる算段」ではないのだろうか?(^^;
 そうやって逃げている皆の前に、一台の馬車が。雲鏗の妻、青霜が息子の雲過を連れて心配のあまり夫に会いに来たのだ。何もこんなときに来なくても、と露骨に迷惑顔をする姑をよそに、再会を喜びつつも複雑な雲鏗は、危険だからすぐここを離れるようにと青霜を説得する。説得を受け入れたかに見えた青霜だったが、結局息子とともに夫のそばに残ることになった。……なんか、切迫してるんだかのんびりしてるんだか分からんよな、この人たちは(^^;

 バグ技、嫁衣神功を修業していた風九幽は、大旗門一行を追っている毒神と遭遇してしまう。嫁衣神功は威力は強いが、例のバグがあるためまともに戦えない。それをまだ完全に修得していないせいだと勘違いした風九幽、沈杏白を捨て駒にして何とか逃げ切る風九幽だった。……結局、最後までつまらん奴だったな、沈杏白ってのは。逃げ出した風九幽も、結局大旗門一行と合流することになった。

 夫と一緒に逃げながらも、実は何が追ってきているのは知らされていない青霜だったが、接近してきた毒神が変わり果てた実の父、冷一楓であることを知り、ショックを受ける。そして混乱した彼女は息子の姿を見失ってしまう。その息子の雲過は、毒神・冷一楓に襲われそうになっていた。すんでのところで、助けに来た雲鏗、雲錚、鉄中棠らが現われ、追う毒神を振り切って皆と合流する。
 
 雲鏗達と合流した一行の前に、冷青萍が現われる。毒のおかげで正気を喪なっている青萍を見て、またもショックを受ける青霜。だが、青萍はそんな姉のことも分からなくなっていた。そして、安全な場所を知っていると、一行を夫人神祠と書かれた不思議なほこらに連れて行った。そこにあった碑文に書かれた文章から、ここは五福の先祖達が、大旗門から追放された二人の夫人の恩義に報いるために、彼女達を祀ったものだと判明する。どうやら大旗門って昔っから筋肉バカの男を、出来た女性が支えていたらしい(笑) だが、筋肉バカの掌門はまだ意地を張って信じようとしない。
 事情が信じられないのは五福も同様である。いぶかしがる司徒笑達に、海大小が日后から聞かされた物語を語って聞かせる。いいかげん和解したらどうだと言う海大小を尻目に、風九幽は自分には関係ないと祠を出て行こうとする。だが門の前には既に毒神がやってきていた。戦おうとするも、嫁衣神功を修得しはじめてしまった風九幽は、まともに内力が使えず、結局元の祠に逃げ帰るしかなかった。

 風九幽の前で、嫁衣神功の秘密を教えてやる鉄中棠。修業で得た内力を全部他人に譲り渡すハメになると言う、その技のあまりの馬鹿らしさに、嫁衣神功の奥義書を破き、泣き笑いを始める風九幽だった。そして、苦しむ風九幽に対して、誰かに内力を譲り渡せば助かると教える鉄中棠。それを聞かされた五福の面々は自分たちに内力を譲って欲しいと言い出す。いやまったく、最後までこいつらは小物だよな(^^; と思ったら、風九幽もこいつらを罵倒し始める。えっと、あなたあんまり人のこと笑えないんじゃないかと。だって、おんなじようなものでしたよ(^^;

スポンサーサイト

Comment

No title

>へたれ揃いの五福の中でも、この人だけは別だね。
もう五福のトップはみんな殺して霹靂堂に吸収、
大旗門も雲翼を殺して誰でもいいから他の人(笑)が適当に掌門を継げば
それで普通にまるく収まっちゃいそうなところが笑えますね。
もはや話の軸になってるはずの「怨恨」の価値が限りなく軽いような…

あと今回の偶然エンカウント率の異常な高さは、
確かにこれまでに比べてもかなり際立ってるなーと思いました(笑)

2007.12.25 (Tue) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

No title

>話の軸になってるはずの「怨恨」の価値が限りなく軽い
まあ、「怨恨」の原因がアレだったし、その後に雲翼のアレっぷりを散々見せつけられてきたんで、正直なところ、どうでも良くなってます(^^;
話数30代は、アレなリーダーのせいで落ちぶれた名門(?)、大旗門を黛黛ががんばって建て直す話なんじゃないかと思って見てました(爆)

2007.12.25 (Tue) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。