スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デムパな人たちがデムパなことを電波に乗せて撒き散らす

 もうすでに結構前の話になるのだけど、碧猫さんのこちらのエントリーのコメントで知ったこの話。まさかと思うのだけど、この集会って、こっちの話に影響してしまったんだろうか? いままで県民大会の人数の話にはアホらしいのと、動員人数が問題の本質ではないことから、あんまり係わりたくはなかったんだけど、どうも本気で二万人弱というのを信じて、それがなんか意味を持っていると信じてる かわいそうな人が結構居るみたいなので一言。

 そもそもこの連中、最初からこちらをペテンにかけてるってわかってるかな? 良く考えろよ。「政治的な思惑を持って、人数を大目に見積もる」「政治的な思惑を持って、人数を少なめに見積もる」これ、やってることとしてはそれほど変わらない。ところが、前者については「誤報」「捏造」と一方的に非難しておいて、後者についてはほとんどそのまま受け入れるってのはどういうつもりなんだ。結局のところ、一方の政治的主張にシンパシーを感じてるってだけだろ。それも、前者のは主催者発表と言う、現時点では唯一の公式の数字であるのに対して、後者の少ないほうの数字は、素性を明かさない警察関係者から聞いた、とか、どこかの暇人が航空写真から数えた、とか、こんなものまともな報道機関が流すほうがどうかしてるってものだろうに。しかも、徐々に少なくなって行くといううさん臭さ。そういやさ、南京虐殺の犠牲者数が、だんだん大きくなって行くのは信用できない、とか言ってる連中と同じ人たちだよね、こいつら。

 この二万人弱という数字が怪しい、というのは、例えばこんなことからも言える。あの県民大会、目標にしていた動員人数は五万人だったそうだ。もし仮に、二万人弱しか集まっていないのであれば、これは目標の半分にも届かない、寂しい集会だったってことになるわけだが。そういう集会を空から撮影するとああいう写真になるんだ(笑) いやぁ、私には「大盛況」という言葉しか浮かばなかったけどね。さすが、めでぃありてらしー、とやらに長けている人は違いますね(棒読み)

 あ、いや、あの写真を見てもう一つ思ったことがあったんだっけ。
「これは、会場が広かったら、もっと集まったろうな」
 なぜ人数の問題じゃない、と言い切れるのか。つまり、こういうことだよ。収容人数と言う物理的な制約がある県民大会で、ほぼその限界まで使い切って、あふれている状態だったのなら、もう具体的な人数がどうこうじゃないだろう。抽象的な言い方を許してもらえるのであれば、「沖縄の意思」は、はっきり示されたわけだ。それを理解できないだけでなく、沖縄に対する差別意識まであらわにしてる連中を、デムパと呼ばずしてなんと呼ぶんだろうね。
スポンサーサイト

Comment

この件に限りませんが

人数を少なく見積もることで「何かを達成したつもり」の人たちって、本当に何なんでしょう。

2007.12.13 (Thu) | 非国民 #O/sbTEhg | URL | Edit

今回に関しては

目的は大きくわけて二つでしょうね。
ひとつは”嘘つき”呼ばわりすることで、教科書検定に対する抗議を無効化すること。これは元慰安婦証言を貶めるときに使った手口でしょう。
もうひとつは、抗議が沖縄の中でも一部の意見であるとみせかけたい。実動員数として上げられる数字が必ず目標以下になっているのが、彼らの願望を表してます。だから少なければ少ないほど良い。
こんなの、県議会で超党派の決議が出ている時点でお笑いでしかないんですけど。

2007.12.13 (Thu) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

先日お伝えした「EU議会でも対日謝罪要求決議採択か?」というエントリーの続報です。この決議案ネタはコメント欄などの反応がすばらしく良いので、ついつい注目しちゃいますね。 さて、本日12月13日に採択される予定だそうです。また詳しい報道があればお伝えします。...

2007.12.13 (Thu) | 薫のハムニダ日記

(追記しました) 呆れた。 琉球新報10/25 9:40付より「現職調査官『つくる会』元理事と共著 『集団自決』検定審議会」(略) 日本史小委のうち近現代史の委員は4人。うち伊藤氏...

2007.12.13 (Thu) | Gazing at the Celestial Blue

コメント欄で教えていただきました「新しい歴史教科書をつくる会」の会長;藤岡信勝氏による激メールじゃなかった、これじゃビーストアーツの連絡用だよ、檄文をエントリ本文にて肝...

2007.12.13 (Thu) | Gazing at the Celestial Blue

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。