スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大旗英雄伝 第二十七話

 ついに明らかにされる、大旗門と五福の怨恨の理由、その衝撃の真実とは?(棒読み)

 霊光と朱藻のことで修業中に気を散らした中棠は、内傷をおってしまう。彼を介抱する夜帝は、ようやく今までの自分の生き方を反省していた。

 霊光と朱藻の婚礼の日が近づいていた。朱藻をあきらめられない陰嬪が深夜、ひそかに霊光の元にやってくる。だが、朱藻によって追い返されてしまう。朱藻に向けて、恋しい気持ちを訴えかけても、全くそのつもりの無い朱藻には届かない。泣き崩れる陰嬪を、近くから見守っていたのか、姉が陰儀が慰めに来た。これからは二人で生きて行こうと誓い合う姉妹だった。
 そして訪れた婚礼の日。易兄妹を訪ねて盛存孝、銭大河、の三人が訪ねてきた。冷一楓が五福の覇権を狙っており、母の盛大娘が危険だからと二人に加勢してもらおうとしたのだ。せっかくだからと婚礼に参列することになった三人だったが、花婿と花嫁が朱藻と水霊光だと知って、盛存孝は顔色を変えて婚礼を止める。霊光の母親水柔頌は彼の妻。そして、盛存孝は妻と夜帝が通じていたのを知っていたのだ。二人が兄妹であることを知らされて驚愕する霊光と朱藻。とはいえ、視聴者にとっては、存孝の回想シーンに出てきた盛大娘の若さが一番の驚愕だったりする(笑)。しかし、ここでなんのためらいもなく朱藻を「お兄さま」と呼ぶ霊光って(^^; また一つ、この女の黒さを見せられたような気が(^^;
 
 幸福の絶頂から不幸のどん底に落とされた朱藻の前に、陰嬪が現われる。って、あなたはお姉さんと暮らすんじゃなかったっけ? ここぞとばかりに朱藻の傷をえぐっております(^^; この人、すっかり普通の人になっちゃったね。

 そのころ、雲錚は常春島で修業中。すっかり武芸の腕も上がったみたいだ。日后様は頼りがいのある賢い息子だと思っているようだ。いや、それ勘違いですからっ(笑) だが、そろそろ大旗門と五福の怨恨について説明する時期だと判断したようだ。そして、いつのまにか(笑)捉えられていた霹靂火を雲錚に引き合わせて説明を始めようとするのだが、もちろんこのおっさんがいるところには常にセットで海大小の姿があるのであった。ほんとに仲良いよな、このおっさん達は(笑)

 そんな三人の前で日后が話した怨恨の理由とは……、思わず脱力もの(^^; 大旗門の掌門達が、奥さんから息子を取り上げたのですな。母親に育てられると軟弱になるとか訳のわかんない理屈で。おかげで二人いた夫人のうち一人、風夫人は死亡、もう一人は大旗門を離れて常春島へ行き、同じように大旗門に捨てられた女達を助けるようになった。死んでしまった風夫人には弟がいて、この弟が五福を使って復讐したのであった。あの第一話の壮絶な襲撃の裏には、こんな事実がっっ(^^;
って、脳みそ筋肉なのは、大旗門の伝統だったのかよ。

 事情を聞いて、頭に血が上った雲錚と霹靂火はお互いに言い争いを始める。
霹靂火の言い分「五福は非道な行いを正したのだ!」
雲錚の言い分「よその家のことに首を突っ込むな!」
こうやって並べると、やっぱり大旗門の方が分が悪いような気がするんだが……。言い争っているうちに、頭に血が上った二人だったが、その場にいた海大小が割って入り、どちらの言い分にも一理あると説得する。そこで、一晩頭を冷やして考えてから結論を出すように、と日后に言われその場は収まった。というところで次回。さて、雲錚が本当に成長したのか、これで試されるわけだね。 
スポンサーサイト

Comment

No title

放送終盤に近づいてやっとアクションがバンバン見れるようになりましたが、やっぱり大幡門のほうがアレっぽいです(><五福はひたすら情けない。
とくにバカの子の親がまたバカ、バカな親の子がまたちょっとバカだったのは遺伝かと・・・(小はオヤジと違ってマトモな子と思ってたのにい。

2007.12.10 (Mon) | DoX #CjlWd7YA | URL | Edit

第一話から

奥さんを崖下に蹴落としたりして、脳みそ筋肉全開だったので、アレな集団だと思ってましたよ(^^;ー>大旗門
五福がこんなにヘタレ集団だとは思わなかったけど(^^;

見てると、「ああ、親子だ」と溜め息つきたくなるシーンがやたらとありますねぇ(笑)

2007.12.11 (Tue) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

つかれてきました

なんだか期待を裏切るのと予想を裏切るのを完全に取り違えてますよね…
因縁そのものとしてはありだろうけど、これ明らかにこんなに引っ張るようなネタでもなかったような…
例えるなら「一灯大師と英姑の間の因縁で二十七話分ずっと引っ張る」みたいな感じですか。
まあ、あるいはこんなドラマが一つはあってもいいのかも知れませんが(^^;

2007.12.22 (Sat) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

こういう長編武侠ドラマって

話が進むにつれて、スケールがどんどん大きくなっていってくれるものだと思っていたのですが、”五福へたれ軍団発覚”とか”怨恨の理由”とか、なんかどんどんせこくなって行く方向なんですよね。
あの第一話の襲撃シーンとナレーションを見て、まさかこんなしょーもない理由で始まったとは予測不可能なので、確かに裏切ってくれてますが、それ全然嬉しくありませんから(^^;

2007.12.22 (Sat) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。