スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教科書問題(続きの章)

 さて、長々と進化論と創造論の話を書いてきたわけだが、このケースと今回の沖縄戦に関する教科書問題のケースを比較してみよう、というのがこのエントリーである。それでなんか意味の在る結論が出せるのかどうか不安であるが、なに、理屈と膏薬はどこにでもつくことになっているのだ、なんとでもなるだろう。
 当然のことながら、両者には差異もあれば類似点もある。まず先に記述を変えようとした側の行動から比べてみよう。彼らは自分にとって気に入らない通説を攻撃する為に、政治権力を利用したという点で共通している。違いはその手法。創造論者が議会を動かして法律を作ったのに対して、沖縄戦の方は教科書検定という制度を悪用した。また、後者はもう一つ、裁判に訴えるという手法も使っている。
 どちらがより悪質か、というのは比較するのは難しい。法律化してしまう方は、成立までのプロセスがオープンになっていることや、撤回させる為の手続きが明快という点で戦いやすいとは言えるかも知れないが、一旦決まってしまった法律をひっくり返すのは大変だし、なにより影響力がでかい。
 検定制度悪用の方は、建前上は特定の政治思想からの独立を謳いながら、やってることは真逆というのが悪辣なところだ。ところで、裁判で係争中なのだから記述に配慮するのは当然、とか言いだす人がいるのだが、そんなわけがない。裁判というのは訴えた側に立証責任がある。そして現在まだ一審判決も出ていないのだから、原告側の”軍による強制は無かったという主張”は、まだ何ひとつ立証されていないことになる。この時点では被告側の主張を変える必要はまったくないはずだ。
 そしてもし、こんな裁判を根拠に記述を変えてしまっても構わないということになれば、気に入らない記述があれば裁判を起こせばいいという非常に困ったことになる。なにしろ立証しなくても考慮してもらえるんだから勝つ必要はないわけだし。

 では、これらに対抗した側の行動はどうであったか。前のエントリーでも書いたように、創造論者に対しては裁判という形で対抗したわけだが、この裁判、先にも書いたように結構危なかったのだ。実はこの時裁判に協力した科学者たちは、裁判そのものに関しては部外者。本当なら関わりになるはずもない彼らは、『法廷助言者による摘要書』という形式を使って、最高裁に意見を提出している。彼らの意見がこの裁判の結果に大きな影響を与えたことは間違いないようだ。
 この時科学界がとった協力体制はそれまでにも例を見ないようなものだった。個性的で独立心旺盛な彼らが、分野を超えて結集したのは、やはり科学ではないことを科学と偽って教育するということに対する危機感にあったのだろう。進化生物学は専門外であり、裁判の直接の当事者ではなかったかも知れないが、彼らはやはり主要な”当事者”であったのだ。

 さて一方で沖縄の件であるが、書き換えに反対している側がどのように対抗したかについては碧猫さんのこちらのエントリーにも経緯が上がっている(おかげで手抜きが出来ます、多謝)。全国紙では詳しい報道がなされない為、このあいだの県民大会だけが突出して見えてしまうのだが、これはこれまで何度もあげてきた抗議をことごく無視されてきたことに対する対抗手段であったわけだ。(なんだか、人数を数えることがメディアリテラシーだと思い込んでる馬鹿が大勢いるみたいだけどね)
 もしここで、進化論裁判の時との共通点をあげるとしたなら、彼ら沖縄県民たちもまた、歴史の当事者であるが故に、立場をこえて共闘するに至っている点ではないだろうか。まだ沖縄戦を生き延びた人もいれば、それらの人々から直接話を聴いたひとも多くいる。専門家ではないかもしれないけれど、彼らの歴史をこんな適当な根拠で書き換えられてはたまらんだろう。

 数の圧力で教科書を書き換えることに危惧を覚えるというのは、そこだけ取りだせば正論に聞こえる。あるいは進化論裁判の時のように、司法に訴える(行政訴訟を起こす)という手段もあったかもしれない。だけどね、方や一審判決も出てないような裁判を”考慮”する、その一方では訴訟による正規の訴えで立証されるまでは書き換えない。なんてのは著しく公正さを欠くんじゃないのかね?
スポンサーサイト

Comment

これも共通点?

9/30時点の報道では、(沖縄)県内41の全市町村議会と高知・香南市議会が「検定意見の撤回と記述回復を求める」意見書を採択したとの事でしたが、9日に鎌倉市議会が、10日に福岡県議会も意見書を採択したそうです。
近頃、地方議会の決議にうんざりさせられることがしばしばありましたけど、さすがにこの件に関しては危機感を持ってくれたようですね。歴史学研究会もアピール出してますし。
…南京事件や「慰安婦」問題と対比させると微妙な気分ですが。

   *大量のTB、失礼いたしました。
    これ全部がワンセットなんです(笑)。

2007.10.11 (Thu) | 碧猫 #fYTKg7yE | URL | Edit

Post comment

Secret

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

沖縄の報道をあたっていると、またこんな話に行き当たってしまいました。 沖縄タイムズ2007.09.12付報道(朝刊1面)により、「検定 審議実態なし/小委、文科省意見を追認 『集団自決』軍命削除/沖縄戦研究者は不在」なんだ

2007.10.11 (Thu) | 13日の水曜日

文部科学省が高校歴史教科書の沖縄戦でも「集団自決」に関し、日本軍の強制をめぐる記述を検定で削除させた件についての報道が沖縄タイムズだけという点は多少は気になっていたのですが、14日朝に琉球新報でも出ていました。

2007.10.11 (Thu) | 13日の水曜日

沖縄戦「集団自決」教科書記述削除関係記事が連発になっている今日この頃。 本日付の報道をまず収集。 琉球新報 2007.9/16 9:31付報道にて「国会議員共同声明へ 『撤回が県民総意』」  29日に宜野湾海浜公園で開催さ

2007.10.11 (Thu) | 13日の水曜日

(追記有り;2007/10/07 17:00) 標題の通りで。 つくる会Webニュース第205号 平成19年 10月05日(金)より、 「沖縄集団自決」検定問題で文部科学大臣に申し入れ 国会決議の動きには断固反対! …アメリカ下院の「慰安婦」公式謝

2007.10.11 (Thu) | 13日の水曜日

1 :依頼@水道水φ ★:2012/06/09(土) 14:05:15.80 ID:??? ∞教科書「進化論」削除…韓国ばかにする米ネチズン韓国の高等学校教科書が一部進化論を削除した事実を報道した米国の記事に対して、米国のネチズンら...

2012.06.09 (Sat) | 【2ちゃんねる】痛い韓国・北朝鮮ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。