スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

露店でバナナ値切ってるんじゃないんだから

 Apemanさんも取り上げているこの話のこと。
「南京」検定も国主導/職員、反証文献出版にお礼

 ここで言われている被害人数である4万5千という数は、下限とすることは出来ても、上限とはとても言えないだろう、というのはApemanさんの考察の通りだと思う。だけど、ここでは少し違う話をしよう。
 仮にこの数字が上限だったとして、それで20万、30万の反証になる、なんてのが最初に思うことなのだろうか。4万五千人といえば、小さな市の人口くらい。それを、通常戦闘で許容できる範囲から逸脱して殺害しているわけだ。「たとえ一人でも虐殺は虐殺」というのはここでは言わないことにしても、他に思うことがあるべきなんじゃないだろうか。

 例えば、この「南京戦史」の元となった連載「証言による南京戦史」の最終回に加登川氏が書いた文章。
重ねて言う。一万三千人はもちろん、少なくとも三千人とは途方もなく大きな数である。
 日本軍が「シロ」ではないのだと覚悟しつつも、この戦史の修史作業を始めてきたわれわれだが、この膨大な数字を前にしては暗然たらざるを得ない。戦場の実相がいかようであれ、戦場心理がどうであろうが、この大量の不法処理には弁解の言葉はない。
 旧日本軍の縁につながる者として、中国人民に深く詫びるしかない。まことに相すまぬ、むごいことであった。

もともとは、20万、30万とは過大である、との思いから始めたことであったとしても、ここで明らかにされた数の重さを知れば、こういう感情が先にでなければおかしいのではないのか。
 
 どうもね、いわゆる中間派と言って、実態が3万から4万程度と主張する人たちが、歴史修正主義者とそしられるのを避けながら、犠牲者数に関して過大な申告している相手に対して道徳的優位に立ちたいだけじゃないのか、という疑念があるのだよ。
スポンサーサイト

Comment

No title

トラックバックありがとうございます。
加登川氏は陸大出の旧将校の中でも、批判的な戦史研究にきちんととりくんだことで知られる一人ですけど、連載時にはこの「謝罪」に対して好意的な電話が会員から編集部に多くかかったんだそうです。その意味では、旧軍将校の中にも「20万、30万という数字との比較」においてではなく、「一万三千人」の命の方にまずは思いを寄せた人々がちゃんといた、ということですね。

2007.09.21 (Fri) | Apeman #lrg3p7cc | URL | Edit

現実に戦場にいた方であればこそ

この数字をリアルなものとして受け止めらるのかも知れませんね。そちらのエントリーにある、加害の体験を継承できなかったということにも関係してるのかとも思います。

2007.09.21 (Fri) | うちゃ #awJco6Pw | URL | Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.10.07 (Sun) | # | | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。