スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大旗英雄伝 第八話

 中棠兄さんの株がいきなり下がった回(笑) そして、この回の雲錚はいつものアホの子じゃない。この回だけのような気もするが(笑)

 司徒笑たちと一緒に李家に戻って来た鉄中棠。まだ中棠のことを全然信用してない司徒笑たちは監視の目を緩めない。さらに霊光を抑えられて身動きがとれない状態。だが、もう変装の必要はないだろうと言う司徒笑に対して、今は大旗門に追われる身だからと、老富豪の変装を解かない鉄中棠。
 ふと司徒笑たちが気づいてみると黛黛がいない。どさくさに紛れてとんずらしていたのだ。しかもちゃっかり宝石を持ち逃げしていた。後を追いかける司徒笑たち。その間に中棠に逃げられては困るので、霊光は人質に連れて行ってしまった。 

 残された中棠は、潘乗風を「九子鬼母はまだお前を狙っている、素顔で出歩いたら殺されるぞ」と脅して、老人の面を渡し、自分の身代わりに立てる。こうして自由を得た鉄中棠、逃げたと見せかけて屋敷に隠れていた黛黛を見つけ、こっそり後をつける。
 屋敷を出た黛黛の前に、忘れ物を取りにきた小華が姿を現わす。小華は黛黛を雲錚のところに連れて行く代わりに口づけさせてくれなんてことを言いだす。ってか、君、男の子だったのか、てっきり女の子だとばっかり(笑)
 小華に案内されて再び雲錚と出会う黛黛。その目的は、共通の敵として司徒笑を倒す為に手を組まないかと相談する為。もう自分に未練がないのであれば、一緒に司徒笑を倒そうと持ちかける。
 もう未練は無いと言い切った雲錚は、恋人ではなく相棒として手を組もうという黛黛に同意する。例によって影から見ていた中棠は、黛黛が雲錚を騙すつもりがないことを見極めると、とりあえず黛黛を見逃すことにした。

 結局黛黛は見つけられず屋敷に戻って来た司徒笑たちは、鉄中棠(に化けている潘乗風)に、潘乗風の姿がないことを詰問する。彼は逃げたと答える潘乗風。ボロが出ないうちにと、霊光と二人で早々に部屋に戻ることにする。二人っきりになるや、いきなりいやらしく霊光に迫りだす潘乗風。そうだ、こいつはこういう奴だ、そのくらいわからなかったのか、中棠兄さん(^^; いきなりエロエロになったことで霊光ちゃんには正体がばれる潘乗風だが、司徒笑たちに知られるわけにはいかないだろう、と言ってお芝居を続けるように霊光ちゃんに強要する。

 次の日になっても中棠兄さんは帰ってこない(^^; おーい、早く戻って来てやれよ。中の人が変わってしまったことに全然気がついていない司徒笑たちは、大旗門の宝物の元に案内させようとするが、当然そんなことは知らない潘乗風は適当なこと言ってごまかすのだが、司徒笑たちはあんまり疑う様子もない。なんかちょろいな、こいつら(笑)
 そして、宿に到着するや、さっそく霊光ちゃんと二人で部屋にこもろうとする潘乗風。こいつ、道々エロいことしか考えてなかったんじゃないか? 鬼母に狙われることなんてすっかり頭から消えてるみたいだ。危ないところでやっと助けにやってくる中棠兄さん。まったく、今まで何してたんだよ。ええっ、また出て行っちゃうの?
 あんまり調子に乗ってると殺されると思ったのか、やっと真面目に身代わりを務める気になった潘乗風。司徒笑たちは自分が引き受けるからと、霊光ちゃんを解放する。しかし、さすがに怪しく思い始めたのか、だんだん疑いの目で見始める司徒笑たち。
 そこに黛黛と雲錚が料理に眠り薬を入れて、皆が眠っているうちに敵討ちという策に出る。だがあっさりバレてしまい、逆に大ピンチに。ここでなんと黛黛が雲錚をかばって司徒笑の剣を背中に受けてしまう。これには司徒笑もびっくりである。
驚いている隙に、こんどは鉄中棠が助けに入り、黛黛と雲錚を逃がす。これでとうとう正体がバレた潘乗風も変装を解いて逃げ出す。って、ここで変装を解いてしまったら(笑)
 はい、あっさり鬼母に見つかって三大魔女に串刺しにされてしまいました。こいつ最初から最後までいいとこ無しだったな(笑)

 傷を負った黛黛の手当てをする雲錚だったが、庇ったのはあなたのためじゃないから勘違いしないで、と釘を刺される。更に、恋人にはなれないけど友達よ、とある意味とどめを刺されてしまう。だけど、なんか吹っ切れたものがあるのか、今まで見たこともないくらい穏やかな顔をする雲錚。これは、アホの子返上か? ようやく単なる打算ではない信頼関係ができた様子。

 まんまと騙されて面目丸つぶれの司徒笑、黒白コンビともなんとなくぎくしゃくし始める。このへっぽこ軍師様、中棠には到底かなわないと思ったのか、黛黛の持ち逃げした宝石に狙いを定める。なんかせこいな(笑)
 黒星天たちの方は、鉄中棠がいなくても宝を探し当てるあてがあったのだが、黛黛の持ち逃げした方も惜しいということで、結局司徒笑と一緒にいることにした。こっちもせこい連中である。

 一方、こちらもようやく二人一緒になれた中棠兄さんと霊光ちゃん。とりあえず、雲錚たちの敵討ちを影から助けることにして、司徒笑のたちの後を追う。
 
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。