スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大旗英雄伝 第五話

 私がこのドラマに嵌り始めたのはこのあたりからだった。
 洛陽の李家には宝石大会に参加する客が集まってきていた。そのなかには下手な変装をした雲錚と黛黛の姿も。そこに豪華な馬車でやってきたのは着飾った霊光。でも、一緒にいる偏屈な爺さんは誰? っと思ったら鉄中棠の変装だった。弟弟子のバレバレの変装とはえらい違いだ。
 さらに子供を連れたみすぼらしい老婆までもやってくる。この老婆、門のところでわざと真珠の詰まった袋を取り落としてみたりと大変に胡散臭い(^^;

 さて腰を落ち着ける暇もあればこそ、黒星天のもとに向かう白星武を見かけた雲錚。後先考えず、いきなり「地獄からの使者だ!」と襲いかかる。何の為に変装してるんだかわかりゃしないというか、まったく困った子だなぁ(笑)
 とはいえ、雲錚、腕は結構立つので、それなりに健闘する。だかやはり、二対一では分が悪い、あわやというところで、こっそり弟弟子の後をつけてきた鉄中棠が暗器を投げて影から手助け。さらにここで雲錚に死なれてはせっかくの策が台無しになると、司徒笑が割って入り、雲錚は命拾いする。
 そして、自分の企みを黒白二人に打ち明ける司徒笑。その様子を見ていた鉄中棠は、やはり雲錚が黛黛に騙されていると確信。なんとか二人を引き離すべく策を考えるのだった。

 そして、迎えた宝石大会。どうやらこれは展示競売会らしいね。客が揃ったところで入ってきたのは、李家の主・李洛陽の顔なじみの海大小。宝石の入った袋を見せて、一回五百両の宝石つかみ取り大会を始める。なんか縁日のくじ引きみたいだ。気後れしたのか、しり込みする客たちに、李洛陽が口火を切って見せ、見事な宝石を引き当てる。って、君たちつるんでない? なんかすごくサクラ臭いんですけど(笑)
 宝石に目がない黛黛は辛抱たまらず、しぶる雲錚に強引に金を渡して運試しさせる。が、しかし、宝石には全然興味がない雲錚、熱意もないから引きが弱い。せいぜい200両という安物をつかまされてしまう。更にその後、馮百万という成金ぽい爺さんが残りの品物を大人買いしていったもんだから、黛黛ご機嫌斜めに。思わず雲錚に当たってしまう。これを見ていた中棠兄さん、どうやら二人を引き離す策を思いついた様子。

 鉄中棠の化けた老富豪に不信の念を抱く黒白の二人は、李家の使用人に化けて彼の身辺を探ろうとするが、逆にバレて、鉄中棠にからかわれるはめに。正体を明かせない二人はすごすごと引き下がるしかなかった。中棠兄さん、どこぞのへっぽこ軍師様よりよっぽど頭の回転が速い(笑)

 空けて翌日、再び袋を担いでやってきた海大小。昨日で味を占めた馮百万が同じ金額で大人買いをする。だが、今日の中身は一つ二両もしないがらくたばかり。海大小、あんたわかっててやってるだろ(笑)まあ、ぼろもうけした金を「貧しい人の為に使ってくれ」と李洛陽に全額渡しちゃうところが憎めないけど。怒った馮百万は用心棒の潘乗風をけしかけるが、潘乗風は全然やる気無し。どうもこいつ、用心棒とは名ばかりで只飯食いながら侍女たちをたぶらかしてただけみたいだ(^^; クビを言い渡される潘乗風だが、全然応えない。というか、どうも霊光ちゃんに目を付けたみたいなんだけど(^^; 彼女を見る目がやらしいぞ(怒) そんな潘乗風を殺気のこもった目で見る例の子連れの老婆。なんか訳ありの様子。

 さて、更に翌日、五福連盟の最後の一つ、霹靂堂の霹靂火が弟子をひきつれてやってきた。緊張する雲錚と鉄中棠をよそに、彼が詰め寄ったのは黒星天。行方不明の弟子、小雷神について問い質しにきたのだ。ごまかす黒星天との間で一触即発となったが、割って入ったのは李洛陽。宝石大会の間は客の間でのいさかいはご法度とその場を治める。霹靂火はしぶしぶ矛を収めるが、真相が究明されるまでは居座ると宣言する。

 実力者の霹靂火に取り入ろうと、彼を呼びだして酒を勧める司徒笑だったが、もともとそれほど五福には入れ込んでいない霹靂火は態度もおざなり。逆にその場に乱入してきた海大小と意気投合して、親父コンビ結成。よっぽどお互い気に入ったのか、司徒笑相手のときとは全然態度が違う。いや、このコンビ可愛いな。置いてきぼりにされた司徒笑は無茶苦茶悔しそうである。このままではおかないなんて言っているけど、この人の仕返しってなんかセコそうな雰囲気が(笑)靴に画鋲を入れたりとかね(笑)

 中棠兄さんの雲錚/黛黛離間策も発動する。自分の持ち込んだ宝石を、競り合いのすえに黛黛の目の前でかっさらうという作戦に、黛黛のいらいらがつのる。だが、このお芝居は潘乗風に知られてしまった。それをネタに自分を用心棒にしてくれと売り込む潘乗風。もちろん狙いは霊光ちゃんである。逆に自分の策に利用してやろうとする鉄中棠。大丈夫か? 霊光ちゃんが危なくないか? というところで次回。
スポンサーサイト

Comment

No title

なんだか面白くなってきました。
やっぱり武侠定番の親爺効果でしょうか?(笑)
今回は宝石を見たら文字通り目の色が変わった黛黛に爆笑でした。
この女、本当に自分に正直でいいですね~。

2007.11.10 (Sat) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

No title

霹靂火と海大小のコンビは、大旗のアイドルです(笑) あつかいは地味ですけど、李落陽もなかなか渋くて好人物ですね。

黛黛は見ていて気分がいいですよ。この話の主役は彼女のような気がしてきました。

2007.11.10 (Sat) | うちゃ #- | URL | Edit

Post comment

Secret

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 前にも書いたとおり、私は和製武侠ものの井上裕美子さんの作品は早くから読んでいたし(実は長安異神伝の1巻目発売後2巻目発売前から)、田...

2008.11.24 (Mon) | Gazing at the Celestial Blue

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。