スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大旗英雄伝 第二話

 第二話は二人のヒロイン登場編。この二人がまた対照的なのだ。

 冷青萍を人質にとったのはやっぱり鉄中棠だった。しかし、人質を取るのを卑怯と考える雲錚によってあっという間に解放される。そして再び乱戦になり、雲鏗は深手を負ってしまう。だからぁ、カッコつけるのはちゃんと実力が伴ってからにしなって(^^; 鉄中棠は追い詰められながらも、もう一度青萍を人質にすることに成功し、なんとかその場は逃れることが出来た。だが、すんなり逃がしたのは実は司徒笑の計略だった。馬の蹄に香料を塗り、後を追って大旗門の残党を全滅させるつもりなのだ。さすがは軍師様。
 途中で青萍を解放し、雲錚と二人で逃げていた鉄中棠だったが、途中で蹄のしかけに気づき、馬を降りて追っ手をかわそうとする。一旦はうまく追ってを撒いたかに思えたのだけど、さすがに重傷の雲錚を抱えては逃げ切れず、司徒笑に見つかってしまう。
 逃げることも戦うことも無理と思った鉄中棠は、咄嗟に司徒笑に「弟子入りする」と言ってこの場をしのごうとするのだが、これまで意識朦朧としてた雲錚がこれを本気にしてしまい、中棠を裏切り者と罵り始める。まったく、この子はどこまでアホなんだか。言うだけ言って気絶しちゃった雲錚を殺す振りをして、司徒笑の隙をつき、なんとか倒してその場を逃れる鉄中棠。司徒笑って策略を巡らす割りには詰めが甘いというか、最後は出し抜かれちゃうタイプ? そして雲錚は勘違いしたまま鉄中棠に担がれて行った。

 逃げたはいいけれど、更なる追っ手に囲まれる鉄中棠たち。だけどその中に、かつて鉄中棠の父・鉄毅に恩を受けた趙奇剛がおり、彼によって助けられる。鉄中棠は趙奇剛に雲錚を預け、自分は追っ手を引きつけるためにその場に残る。そしてとうとう白星武と黒星天の白黒コンビに追い詰められ、崖の下に落とされてしまう。白黒コンビは殺したと思って意気揚々と冷一楓の屋敷に帰って行った。で、戻ってみたらなんとなく白けた雰囲気の五福の面々。二人とも取り逃がしたと思ってなんとなく気まずい雰囲気の上、毒舌おばさん盛大娘がみんなの傷口に塩をすり込むような発言でさらに険悪な雰囲気になっていたのだ。娘に家出されてしょんぼりしている冷一楓とか、肝心なところで相手にいっぱい食わされた自称軍師の司徒笑とかをノリノリでいびる盛大娘。いやー、楽しそうだ(笑)。また、五福の残りの一派、霹靂堂は招待を受けてたけど無視してたことがここで判明する。でまあ、とりあえず一人はくたばったからよしとしようということで、なんとなく不完全燃焼のまま解散。
 と、すっかり死んだことにされていた鉄中棠だけど、なんとか一命はとりとめていた。そして彼は、水霊光と名乗る不思議な少女に助けられることになる。
  
 一方、趙奇剛は雲錚を友人の武振雄のもとに預け、手当てをして寝かしていたのだけれど、気がついた雲錚は寒楓堡の一味に捕まったと勘違いし、窓から抜け出してしまう。まあ、気を失った状況が状況だし、えらく無愛想な看護婦(違)にむりやり薬を飲まされたりしたら、敵に捕まったと思っても無理はないけれど。後先考えずに飛び出したものの、ろくに傷が癒えていないため逃げるに逃げられず、しかたなく通りがかった馬車に助けを求める雲錚。馬車の主は人から”奥様”と呼ばれる妖艶な美女・温黛黛。結局雲錚は彼女に助けられて、彼女の屋敷で休むことに。
 このとき黛黛がなぜ彼を助けようとしたのかはわからない。単純に苦しんでいる人を見ていられなかったのか、あるいは”旦那さま”がしばらく留守にしているのをいいことに、若くて見た目の好いのをつまみ食いしようとしたのか(笑)
 
 旦那が留守のうちに養生させようとする黛黛だったが、なんとしばらく戻って来ないはずの旦那がいきなり帰ってきた。この旦那がなんと司徒笑(笑)。彼女は司徒笑の妾だったのだ。雲錚が見つかったら殺されると思った彼女は、なんとか司徒笑をごまかして雲錚を隠そうとするが、司徒笑の弟子の密告にあい速効でバレる。この弟子の小包子とは普段からそりが合わなかったみたいだね。
 早速雲錚を殺そうとする司徒笑を押しとどめて、彼に利用価値があることを思い出させ、さらに雲錚から情報を引き出すために、色仕掛けに自分を利用させようとする黛黛。これでおおっぴらにつまみ食いOKとなった上に、さらに成功報酬まで要求するちゃっかりもの。素敵だ(笑)。
 で、司徒笑の目的は大旗門残党の殲滅と彼らが隠し持っていると言われている財宝のありか。どっちかっていうと財宝の方が本命で、残党狩りは建前っぽいな。
スポンサーサイト

Comment

No title

司徒笑は「私にいい考えがある」なノリでさっぱりな作戦を次々に発案していくあたり、実にマヌケで良いですね。
一発目の「馬のひづめに香料で追跡」作戦からしていきなり鉄中棠に見抜かれてるし(笑)
逃げた二人を見つけられたのは完全に結果オーライなだけですよね。
この人は第一話の登場シーンからしてアホだったなぁ(褒め言葉)。

2007.11.09 (Fri) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

No title

司徒笑は、出し抜かれて悔しがってる姿がすっかり板についてしまいました(笑)
それでもめげずに、次々と策を繰り出すところがまたいい味を出してます(笑)

2007.11.09 (Fri) | うちゃ #- | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。