スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羊は狼にはなれない

 dr.stoneflyさんのところのこちらのエントリーに関連して、少し思ったことを。どちらかというと、この中で紹介されている一日本人さんのこちらのコメントに対してということになるのかもしれない。
dr.stoneflyさんは2006/07/15のエントリーで侵略されて殺されてもしかたがないと言われていますが、私はそこまで達観できません。自分が襲われたときは当然、家族が殺されそうになればどんな手段を使っても(相手を殺しても)守ろうとするでしょう。

 dr.stoneflyさんも書かれているが、こう考える日本人は多いのかもしれない。だけどちょっと待って、戦闘の訓練も受けていない素人が、殺す気でいるプロの兵隊相手に闘ったところで勝てる確率なんてほとんどない。相手を殺してもと思ったとしても、殺される事のほうが遥かに多いというのが現実だ。羊が狼のように戦おうとしてもそれは無理というものだ。

 そう、羊には羊の戦略がある。こういう場合、とれる選択肢は次の二つ、
(1)逃げられる状況にあるんだったら逃げる。
(2)逃げられない状況、例えば、怪我や病気で移動できないとか、安全な場所にたどり着くには戦場を横断しないとならない、といった場合。自分が民間人であり、武装してないことを知らせて、侵攻してきた相手の軍隊に保護を求める。

(2)は不満だろうか? だが、民間人としてとれる最善の対応としてはこれくらいだ。相手がまともな軍隊であれば、占領地における文民保護が義務付けられていることは判っているはず。誤解しないで欲しいのだけど、これは降伏するということじゃない。対戦国の民間人として当然の権利を行使しているだけだ。そもそも、兵士として戦ってないんだから降伏なんてできないでしょ。

 まともな軍隊じゃなかった場合?(南京攻略時の日本軍みたいな?)それはご愁傷さま。そうなったら一縷の望みにかけて反撃するしかない。ものすごく運がよければ成功するかもしれない。だけどその場合、以降は民間人ではなく不正規兵と見なされるだろうね。レジスタンス、民兵、あるいは武装ゲリラとかテロリストとか呼ばれる事になる。

 羊の戦略としてはこのくらい。じゃあ軍隊の役割は? それはこういう事態を引き起こさないことだと思うのだけど。それについては改めてということで、まずはここまで。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ニュースを見て回るのも気が重くはあるが、気になるので、ガザ虐殺関連の情報は見て回らずにはいられない。 10日付の報道では、ガザ地区の...

2009.01.11 (Sun) | Gazing at the Celestial Blue

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。