スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美女度高し!

 チャンネルNECOでリピート放映で続編、神雕侠侶も見始めている。これ、射雕英雄伝の続編になっていて、前作の登場人物たちも出てくるのだけど、ちょっと残念なのはキャストがすっかり入れ替わってるのね(同じ人が演じているキャラクターも一部にいるけど)。でも寂しいけれど正解かな。同じ人がやっていたら、どうしてもそちらに気持ちを持って行かれそうだし。さすがに42話も付き合っていると、自分の中での存在感が大きすぎる。

 そんなわけで、わりと新鮮な気持ちで見始めた神雕侠侶。10話まで見終わった時点の印象は「美女度高い」。オヤジ度がやたらと高かった前作では、女性で目立っていたのはヒロインの黄蓉と穆念慈さん、あとは梅超風姐さんくらいだったけれど、今作は小龍女さまを筆頭に綺麗なお嬢さん、お姉さんが次々と登場して、前作とのギャップに驚いたり(笑)
 実は李莫愁お姉さまと彼女に付き従う洪凌波さんのコンビがかなり好み。悪役だけど(笑)。

 おっと、今日はこれから連城訣も始まるのであった。(すっかりはまった)
スポンサーサイト

Comment

NoTitle

 美女度の高さと、お話の面白さの相関について思いを馳せてしまいました。
…郭襄が主人公状態のあたりが一番面白かった(^^;

2009.05.04 (Mon) | 碧猫 #fYTKg7yE | URL | Edit

それは

負の相関があるってことでいいのかな?
>郭襄が主人公状態のあたりが一番面白かった
なんかいろんな意味で地雷のような(^^;

2009.05.04 (Mon) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。