スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私的録音補償金って、何?

 iPodユーザーでもあり、ITMS日本版をずっと待っている身としては、こんな記事にはやっぱりもやもやしたものを感じてしまうのだが、この音楽産業界はiPodなどに褒賞金を出すべきという記事には言いたいことを言葉にしてもらった気分の良さがある。
 ここで言われている、
ましてやアルバムが一杯入るHDD型プレーヤーを手にすると、どうしてもいろんな音楽が聴きたくなる。ライブラリを充実させたくなるのが人情。

は、まさにその通りで、それまでに比べて音楽を買うことは確実に増えた。また、ITMSが日本で始まれば買いたい音源というのは結構あるのだ。
 しかし、どうしてもJASRACは、iPodのような携帯プレイヤーが増えるー>MDやCDーRの売り上げが下がるー>補償金の実入りが少なくなるー>新しい財源として携帯プレイヤーにも課金を、と考えているようにしか見えない。これでは補償金を取ることを目的としていると言われても仕方がないように思うけどね。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。