スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下っ端根性

 産経新聞の古森記者のこちらの記事がいろんな意味で大人気のようです。
占領時、米軍も「慰安婦」調達を命令 ホンダ議員「旧日本軍は強制」言明|米国|国際|Sankei WEB

 しかし、どうやら米軍が「命令」したということは元ネタにしているAPの記事には書かれていなかったようである(強制徴用を知りながら許可したという表現がされているので、米軍に責任がないということではない)。実際に命令を下したのは日本の内務省であり、設置を指導したのは日本の警察だった。

 ところで、ここで使われたトリックは、行為の主体を日本から他に移すことで日本の責任を軽く見せようというものだ。この手法は別段珍しいものではなく、日本の従軍慰安婦問題にしても、露見した悪事についてはすべて、「業者がやったこと」とか「現場の暴走」とか主張することで日本の責任からのがれようとする。
 これは太平洋戦争はアメリカの謀略にはめられたんだ、だから日本はそんなに悪くないんだ、なんてのも一緒だね。

 しかし、これをそのまま受け取ると、開戦から敗戦までの一部始終をアメリカにすべて引き回され、国内では自国民や占領地の人間を”自国の人間”からすら守れず、敗戦したら敗戦したで、戦勝国の言いなりに自国の女性を人身御供に出すという、ものすごく情けない国家像が出来上がるんだが、いいのかそんな自虐的で?

 自ら責任を引き受けることが出来ないのであれば、”しょせん下っ端”と呼ばれるんだけど、古森記者のこの記事に喜んでる人たちってそれでいいってことなんだね、きっと。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。