スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インデックス作成ツール/データモデリング(その1)

 データをどうまとめるかについて、おおまかに方針が決まったので、それぞれ詳しくどんなデータにするかを決めていくことにする。
 Tigerの新しい開発環境では、この段階になると実際に制作しながら設計を進めていけるようになる。開発ツールであるXCodeを立ち上げて、「ファイル」メニューから「新規プロジェクト...」を選ぶ。すると、プロジェクトの種類を聞いてくるので、「Core Data Document-based Application」を選び、「次へ」をクリックする。
次の画面では、プロジェクトの名前を聞いてくるので、ここは適当な名前を選ぶ。「SongReview」という名前にすることにした。
出来たプロジェクト中にMyDocumentxcdatamodelというファイルがある。このファイルにデータの定義を行っていくことになる。

このファイルをダブルクリックするとデータ編集の画面になる。

まだ続きます。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。