スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Quartz Composerを使ったゲームづくり/qtzファイル作り その1

 さて、まずはQuartz Composerを使ってゲームで使う3D空間を作ってみよう。Quartz Composerについての解説記事は、Cocoaはやっぱりが詳しいので、一度目を通しておくといい。とりあえず、入門編くらいはひととおり読んでおこう。
 Quartz Composerを起動すると、まずテンプレート選択の画面が表示されるんだが、今回はテンプレートは使わないので「Cancel」をクリックして「File」メニューから「New」を選ぶ。こうするとまっさらなqtzファイルが作られる。

 まずは空と地面を作っておこう。空にはRendererのGradientパッチを使用する。パッチを置いたら、インスペクタを使って空っぽい感じの色にする。

 次は地面。これにはSpriteパッチを使用する。とりあえず地面ぽい色にしたら、WidthとHeightを3にしておく。そのままだと地面じゃなくて壁になってしまうので、X軸にそって90°回転させておく。

 しかし、Spriteは厚みの無い板みたいなものなので、このようにしてしまうと、せっかく置いた地面が全く見えなくなってしまう。このままではまずいので、少し角度をつけて地面が見えるようにしよう。パッチの中から3D Transformationを選ぼう。さっき置いたSpriteパッチをカット&ペーストで3D Transformationパッチの中に入れてから、3D Transformationのインスペクタで、Rotation Xを5、Translation Yを-0.3にしておく。

これで斜め上から見下ろす感じの画面になるはずだ。

スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。