スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dashcodeでプログラミング(テンプレートを使う)

 一通りの作り方については説明したので、今度は少し実用的なテンプレートを選んでWdigetを作ってみよう。
 Fileメニューから"New Project"を選んで新しいプロジェクトを作製する。起動したときと同じようにテンプレート選択ダイアログが表示されるので、”RSS”を選択して"Choose"ボタンをクリックする。これはRSSリーダーのためのテンプレートだ。

 新しいプロジェクトが開くと、Canvasには次のようなレイアウトが表示されているはずだ。この中央の"Drop an RSS Feed URL Here"の上に読みたいRSSのURLをドロップする。

 これでもうRSSリーダーとして使用できる。一度左上のRunボタンをクリックして実行してみよう。指定したURLからRSSを読み込んで表示してくれるはずだ。あとは"Widget Attributes"画面で細かい設定を変えて使用する。Show Articlesで表示するエントリーの数や、期間を設定するといったことができる。

 必要ならば前回までに説明したようにローカライズを行ってからパッケージ化すればRSSリーダーWidgetの完成である。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。