スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dashcodeでプログラミング(パッケージ化)

 Widgetの本体はHTMLやCSS、JavaScriptなので、コンパイルなどのビルド作業は必要ないのだが、関連ファイルを一つのフォルダの下に集めてバンドルという形式にする必要がある。
Dashcodeでは「File」メニューの「Deploy Widget...」もしくは「Deploy Widget to Dashboard...」を選ぶことで、バンドルが作製される。
「Deploy Widget...」を選んだあとは、ファイルダイアログが表示されるので、Widgetを保存する場所を選択する。

 これでWidgetとしてパッケージ化される。アイコンがWidgetのものになっているのがわかるだろう。

「Deploy Widdget to Dashoboard...」を選んだ場合は、下のダイアログで名前を選んだ後はすぐにシステムに登録される。

 この場合は、Widgetを保存する場所は選べない。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。