スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バビロン5/第52話「クラーク大統領の決断」

原題「MESSAGE FROM ERATH」
シェリダン「遅かれ早かれ地球政府とは対決することになる、これはその手始めかもしれない」
 マーカスによってバビロン5に連れられてきた科学者、メアリー・カーキッシュは、七年前に火星でシャドウ戦艦の発掘を行ったことをシェリダンたちに証言する。地球政府はシャドウの存在を以前から知っていたのだ。七年前の発掘時には、やってきた別のシャドウ艦によって掘り出されていった。地球はその事実を隠すために、関係者は消していた。
 数週間前に、ガニメデであらたなシャドウ艦が見つかったため、カーキッシュ博士は発掘によばれていた。シェリダンは、発掘を阻止するためデレン、レニアーとともに隠密裏に出撃する。
 ガニメデに到着したシェリダンたちの目の前でシャドウ艦が起動する。だが暴走を始め、ガニメデ基地を破壊してしまう。シェリダンたちはシャドウ艦を木星におびき出し、木星の重力圏内に落として破壊することに成功する。しかし、ガニメデ基地からの通信を受けてやってきた地球の戦艦に補足されてしまう。木星大気圏内から逃れられず、絶体絶命と思われたが、大気圏内でのジャップを行うことでなんとか脱出に成功する。
 前大統領暗殺疑惑を議会に追及されていたクラーク大統領だったが、ガニメデ基地壊滅を異星人からの攻撃として地球に戒厳令を敷く。

 前話はサイドストーリーぽかったけれど、これからしばらくはメインストーリーに戻る。シャドウと地球が手を結んでいることがシェリダンたちにも知られるが、バビロン5のナイトウォッチたちによって、シェリダン側の動向も地球に知られることになる。全面対決に向けて徐々に緊張が高まっていく。
 地球に向かうホワイト・スターの中、決戦直前にデレンと語り合うシェリダンのシーンがある。他のスタッフの前ではけっこう強気のシェリダンだけど、デレンの前だと素直に不安を訴える。このときは隠密行動だから二人とも私服なのが、こんな時にもかかわらず、ちょっといい雰囲気になっている。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。