スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Teenage/PSY・S

 PSY・Sのデビュー曲(しかし、あんまり売れなかったそうだ)。
 初期のPSY・Sはテクノと思われていたそうだが、この曲はロックっぽい気がする。ロックって何? と言われると答えられないんだけど。
 十代のころって、歳を取ってから振り返ると懐かしく感じるかもしれない。しかし、その渦中にあるときは中途半端さにいらつくときもある。
ひとりきりは とても寂しい
もう倒れてもいいでしょう


 最初のころのチャカの声は、後期に比べてかなり”硬い”感じがするんだけど、その硬さがこの曲の雰囲気にとても合っているように思える。もしかしたら、それも松浦さんの計算だったのかもしれない。ヴォーカルも一つの楽器と考えて曲を作っていたんじゃないだろうか。

作詞:高橋修・安則まみ
作・編曲:松浦雅也
アルバム
「Different View」
「Two Spirits」(Live Version)
「GOLDEN☆BEST」
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。