スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウタイツガレルウタ DVD/種ともこ

 今年行われた「月見ル君想フ」ライブDVD。ついこのあいだ発売されたアルバム「ウタイツガレルウタ」と対になるものだ。

・エンディングのようなオープニング
 再生をはじめると、いきなりライブの終わりの場面。「あのころの想い(LOVIN' YOU)」に乗って、スタッフロールまで流れてしまう(逆向きだけど)。一瞬「あれっ」と思うものの、このライブがこれまでの彼女の音楽活動を振り返ってのものだというのを考えると、これでいいような気がする。そして、曲の終わりと共にウタイツガレルウタのタイトルが現れてここからライブのスタート。

・虹の女神
 「The Rainbow Song」は虹の女神のサブタイトルが付くようになった。もともと好きな曲ではあったのだけど、どうも映画を観てからというもの、すっかり涙腺に来るようになってしまったのだよね。

・ギターアンサンブルとかアカペラとか
「きみとあるいてく」はギターの三重奏。結構華やかな感じになるね。「いついつまでも」は4人によるアカペラ。ピアノの伴奏に合わせて最初と最後に一礼するのがなんだか面白い。

・20年の歩み
「はい、チーズ」にのせて昔の写真がオーバーラップしていく。デビュー当時の写真とか、若いというか可愛いんですけど。しかし、この曲ハマりすぎだ。

・「今の」種ともこ
 ずっと歌い継がれてきた歌たちの最後には、一番新しい「カナリア」。この歌もこれからずっと歌い継がれていくように。きっとそんな気持が込められているのだと思う。

・そして、エンディングのようなオープニング
 すべてが終った後、このDVDは最初に戻っていく。あまりにも自然に繋がってしまったので、そのまま見続けてしまったよ。(結局、三周してしまった(^^;)
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。