スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バビロン5/第45話「レンジャー救出作戦」

原題「MASTER OF HONOR」
シェリダン「準備が不足しているなら、経験で補うんだ」
 セントーリがレンジャーの訓練基地ザクロス7を封鎖した。レンジャーのマーカスはセントーリの封鎖を突破してバビロン5に救援を要請しにやってきた。シェリダンはイワノバやデレン・レニアーと共に新型戦艦「ホワイトスター」で救援に向かう。
 そのころロンドはナーンとの戦争が終わったことを理由に、モーデンとの関係を切ろうとする。モーデンは同盟解消の条件として銀河の領土配分を決め。さらにザクロス7を引き渡すように要請する。
 バビロン5のパイロット、ケファーが撮影したシャドウ戦艦の情報を得るために地球から特務捜査局エンダウェイがやってくる。まずデレンに何か知っているかを訪ねるが、デレンはこちらの戦闘準備が整うまでシャドウ側に動きを悟られることを恐れ、何も知らないと答える。エンダウェイは他の大使達にも尋ねてまわった。ロンドは夢で見たと証言し、ジ・カーはナーンの古代書物に記載されていることを答える。
 ザクロス7に到着したホワイトスターの前に現れたのはセントーリ軍ではなく、シャドウの戦艦だった。

 いまだに第4シーズンのDVDが発売される気配がないのが困りものなんだが、久しぶりにレビュー再開。
 今回からバビロン5の主戦力として登場するホワイトスターが登場。また、バビロン5の主要スタッフとデレンやマーカスを交えた軍事委員会を設置。これまでずっと受け身の立場であったシェリダン達だが、いよいよシャドウとの戦いに向けて積極的に準備を始めることになる。その一方で、シャドウがセントーリだけでなく、地球とも手を結んでいたという事実が(視聴者には)あきらかになる。第2シーズンのラストで結ばれた地球=セントーリ同盟にはシャドウの意思もかんけいしていたらしい。

 敵・味方とも直接対決に向けて着々と駒を進めている感じ。それにしてもアメリカ製のドラマではっきりと地球が敵に回るのは珍しい。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。