スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由主義史観ねぇ

 ハムニダ薫さんのコメント欄でのやりとりに端を発して、大戦中のフィリピンと日本の関係についておさらいなんてのをやった。そのためだろう、カマヤンさんのエントリー経由で知ったこのページのあまりのひどさに呆れてしまった。そして、恐らくは自由主義史観者を名乗る彼らには、久々さんたちのような人たちを作り出してしまった責任があると感じた。

 具体的にはこのページの「3.フィリピンでの残虐行為」の部分である。投稿の文章もちょっとおかしいところはあるのだが、それよりも回答の外しっぷりがものすごい。最初の投稿ではフィリピンで行われた残虐行為が教科書から外されているのではないか、ということが言われているのだが、
それに対する回答がこれ、
最初に、太平洋戦争中のフィリピンの戦場において多くのフィリビンの人々が犠牲になったことに心より哀悼の意を表します。

 最初のこれはいいとしよう。しかし、このあとを読んでいくと、全然心がこもっていないことがよくわかる。
 
戦争は相手がいなければ、スタートすることができません。両方がお互いに言い分があります。

 とそのあとに、アメリカの原爆投下や都市への空襲、ソ連の満州侵攻で日本の民間人が数十万人犠牲になったことを言い出す。それはアメリカとソ連に言えよ、そんなことフィリピン人に言ってどうするんだ?

 そうやって被害者ぶったあげくに、
人々はいつまで過去を暴き立て互いに憎しみ合うのですか?
それを修正するために平和条約や賠償協定が結ばれるのでしょう。

 これである。それは加害者が言っていいことじゃないぞ。そして最後はこう締める。
第2字大戦において日本のもう1つの目的は白人支配を終わらせることであり、人種差別を無くすことでした。日本は負けました。しかしこの目的は達成することができました。

 前にも書いたが、フィリピンは日本の手を借りることなく独立できたはずなのだ。何を寝言を言っているんだか。私がフィリピン人だったら、こんな回答もらったら確実に怒るね。
 
 でまあ、当然のごとく続けて投稿がくるわけだ。虐殺はアメリカとの戦闘の過程で起きたのじゃない、日本の占領統治下で起きたのだ、と。そしてこの回答もすごい。
申し訳ありませんが、私は貴方が言われるフィリピンにおける日本兵の残虐行為につ いて、詳細は知りません。

だったら調べろっての。もうこの時点で取っている態度が歴史家のものじゃないね。それは、後半の、「第2次大戦で多数のフィリピン人犠牲者が出た事については、深く哀悼の意を表します。」から始まる部分を読んでも明らかだ。彼らは知られざる歴史を知りたいのではない、自分にとって都合の悪い歴史に目をつぶりたいだけだ。アメリカ兵、ソ連兵、イギリス兵の残酷さ、それはそれらの国の人間の残酷さということではない。軍隊や戦争の残酷さということなんだ。それを世界にPRすることをなぜためらう。

 最後の投降に対する回答もひどいね。米軍の反攻が始まってからの虐殺についての投稿なのだが、悪いのはそんな戦法を考え出した中国軍だと言いたいらしい。中国兵の残酷さをPRする分にはなんのためらいのないわけだ。

 もっともこれは、6年も前に書かれたものだ。今さら突込みを入れるのもどうかという気もしたのだが……今年の2月のこちらの投稿と回答(3.フィリピン人の日本感)を読んでしまうとやはり気になる。

 ネット上では「反日なのは中国、韓国、北朝鮮の特亜三国だけで、東南アジアは親日」とか書かれているのをよく見かけるのだが、そうでもないようだね。さて、この人、フィリピンが反日なのは華僑やアメリカの教育が原因だと考えているようだが、そうだろうか?

 戦争中に日本がフィリピンに対して行ったこともそうだが、それに対してこの「自由史観研究会理事 杉本 幹夫」という人のような認識を持っている日本人がいることは十分に反日の原因になると思うぞ。あと、戦時中の話だけではなく、戦後の日本とフィリピンの関係についてもちゃんと知っておいた方がいいのではないか? この人たちはずいぶん日本にとって都合の良いように脚色してしまってないだろうか。

 しかし、

「日本がフィリピンを植民地にしていたら、フィリピンは今頃経済大国だよ」

 よくこんなことが言える。友人達が沈黙したのは呆れたからではなかろうか?
 考えてみようね。
・日本はフィリピンを占領統治していた。
・連合軍(といいつつ実質はアメリカ)は日本を占領統治していた。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。