スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その酔っぱらい方はまずいだろう

 靖国の遊就館を見学した人の感想とかプロモーションビデオ?を見た人の感想なんかを読んだのだけど、なんだか危なっかしい。
 あの戦争って、アジア人の被害者の件はとりあえず置いておいたとしても(本当はそんなわけにはいかないのだが)、日本人だけでも大量の被害者を出しているし、明治維新以来築き上げてきたものをほとんど全部失うくらいのボロ負けだったわけだよ。そんな戦争に対して、こんな酔っぱらい方をしていて大丈夫か?

 会社の仕事で考えてみよう。社運を懸けたプロジェクトで会社が傾くほどの大赤字を出してしまい、メンバーにも身体を壊したり、家庭が崩壊したり、過労死する人間まで出る始末。そんなプロジェクトをふりかって、クライアントがわがままだっただの、ライバル会社が卑怯な手を使っただのと言っている奴を信用できるか? そんなことを言った上で、「この仕事で犠牲になった人に感謝」だの「昔の社員は私生活や家族まで犠牲にしてがんばったんだ」なんて言葉に同意できるのか? 自分たちに都合の良いところだけプロジェクトXもどきのビデオ作って喜んでる場合かよ。そんなことやってないで、もちっとまともに失敗の原因を考えろって言いたくならないだろうか。

 なんかねぇ、こっちの話を読んでしまうと、靖国(とそれを支持している人)にとって、敗戦で得た教訓が「アメリカ様には逆らうな」ってことじゃないかと思えてきて、ひどく情けないんだけど。

(2007/6/21 追記:なんかアニメまで作って学校で流したそうだが……それって幸Xの科学みたい)
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。