スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殴ったこぶしの痛さ

 実は最近、仮面ライダー響鬼の写真集を買った。んで、こちら「「輝」……いい写真集じゃんかよ!(狂喜乱舞)」でandy22さんと色々コメント交わしているうちに、同じ高寺プロデューサーの作品である「仮面ライダークウガ」との共通点なんて話になった。(詳しくはリンク先のコメント欄を読んでね)

 それで、そこでのandy22さんのコメント
ところで、両作品に共通してると思われるのは、姫・童子とグロンギのことだけではなく、主人公のことにもいえると思えませんか。?「クウガ」の主人公もまた、2人。五大雄介と一条刑事。そして変身して超人的な能力を発揮するヒーローと、変身しない生身のままの男、という二人組みなのです。?私はこれらのことから、当初「響鬼」を単なる「クウガ」のバリエーションかとも思っていましたねえ。しかし、明日夢のありかたは、ことによるともっと興味深いことになっていたかもしれません。

 にちょっと反応。実は私は主人公二人組の共通点というのはほとんど認識しなかった。確かに五代雄介とヒビキさんの2人には同じような雰囲気を感じはしたのだけど。
 私にとってクウガという作品はずっと「殴ったこぶしの痛さ」を描いていたものだと思っている。それは最初から最後までずっと。確か二話くらいで五代君が「あの感じは好きにはなれない」って言っているんですよね。
 そして一条さんもその感覚は持っている。それゆえに五代君には戦って欲しくない。それを味わうのは職業として警察官を選んだ自分であるべきものだから。生真面目な人だからね。
 でも、実際に変身して戦えるのは五代君の方で一条さんではない。最初、彼が戦うことに反対していて、それでも戦わざるを得なくなったら、全力で五代君をフォローし、警察の力でなんとか撃退できるようにして彼を戦いから解放しようとする。
 この2人の関係って、一条さんの側から見るとこうだったんだと思います。これはヒビキさんと明日夢くんの疑似親子関係(というより歳の離れた兄弟とか、年若い叔父と甥みたいな関係)とはずいぶん離れているのではないかと。明日夢君はまだ殴る痛みはおろか、ストーリーが始まった時点では殴られる痛みすら知らない(途中で洗礼をうけますけれど)。
 私としては響鬼では、いろんな形の師弟関係を描きたかったのかな。なんて思ってます。あまり現代では残っていなさそうで、実は探してみればけっこうあるという。

(2007/6/21 追記:残念ながらリンク先の記事はプライベートモードのため現在は読むことができません)
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。