スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Desert/PSY・S

 歌詞も曲の雰囲気も、明るい曲では決してないのに、なぜか不思議な心地よさがある。哀しいことにあらがわずに、そのまま身を任せたくなるような感じというのか。誰もいないところでただ一人。
All alone on the desert no one knows no one's here no one listen to me
Yes I'm wandering round the desert in my heart

 こういう感情は諦観というんだろうか。まあ、そんなときもあるだろうさ。
 ところで、前に書いた「Paper Love」と同じように、この曲もベスト版では英語版が収録されているのだけど、こちらはどっちもそれほど印象は変わらなかったな。

作詞:?橋 修/安則まみ
作・編曲:松浦雅也
アルバム
Different View
TWO HEARTS」(English Version)
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。